TOP > 保険適応疾患『酒さ(しゅさ)』の治療方法

保険適応疾患『酒さ(しゅさ)』の治療方法

今回は前回の記事紹介した『酒さ』の実際の治療などを、紹介したいと思います。

関連記事:【保険適応疾患】赤ら顔の原因??『酒さ(しゅさ)』とは

外用薬やビタミン剤が処方されます

まず、アルコールやコーヒー、香辛料をひかえて、胃腸を整えましょう。ストレスがかからないように心掛け、寒冷刺激などの急激な温度変化も出来るだけ避けるようにしましょう。肌の代謝や、皮脂の分泌を整えてくれるビタミンB群を意識的に摂るのも良いです。これは、にきびの治療や、脂漏性皮膚炎と同様ですね♪

では、実際の治療は何かというと、非ステロイド性抗炎症薬の外用薬や、にきびの治療で処方される外用の抗生物質(ダラシンTローション)などが処方されます。外用薬に、ステロイドは用いません。ここが、脂漏腺皮膚炎と違うんです!食事でのビタミンB群の摂取が足りない場合、ビタミンB2(フラビタン)・B6(ピドキサール)などが処方されることもあります。

場合によって内服薬(抗生物質)が処方されます

テトラサイクロン系の抗生物質(ミノマイシン)が処方される場合もあります。にきびの治療にも処方されるので、聞いたことがある方もいると思います。

出来てしまった鼻瘤や、毛細血管拡張を完全に治すことは難しいです。しかし、症状を良好な状態にコントロールしていくために、定期的に診察、治療をして下さいね。それでも消えなかった毛細血管拡張には、レーザー治療が有効です。

当院には、YAGレーザー(ヤグレーザー)と言って、毛細血管の拡張症を改善するレーザーがあります。

次回は、毛細血管に有効なYAGレーザーを紹介します☆

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら