TOP > 毛細血管拡張症治療には『YAGレーザー(ヤグレーザー)』

毛細血管拡張症治療には『YAGレーザー(ヤグレーザー)』

前回までのブログ、

【保険適応疾患】赤ら顔の原因??『酒さ(しゅさ)』とは
保険適用疾患『酒さ(しゅさ)』の治療方法

で紹介した『酒さ』の症状の一つでもある、『毛細血管拡張症』の治療法を今回紹介したいと思います。

毛細血管拡張症とは?

毛細血管拡張症と言われてもピンとこない方もいますよね。
鼻を伸ばした時に、鼻の下に赤い糸クズみたいなのが見えませんか?
小鼻の周りが赤くないですか?
それは、毛細血管拡張症かもしれません。
結構身近な毛細血管拡張症ですが、“YAGレーザー(ヤグレーザー)”で撃退できます。

そもそも毛細血管は、皮膚の下に無数に広がっており、血液を介して肌に必要な栄養素や酸素を送り届ける役目をしています。
毛細血管は、皮膚の厚みで通常は表面から見えることはありません。
しかし、皮脂腺の増殖やステロイドの長期使用により皮膚がうすくなったり、寒暖の刺激などで、毛細血管が拡張し、透けて見えてしまうのです。

YAGレーザーは、赤や黒に反応するレーザーです

レーザーを照射すると、毛細血管内の酸素や二酸化炭素を運ぶ役目をしているヘモグロビンに吸収され、若干のメラニンも吸収されます。
毛細血管内でレーザーの熱により、ヘモグロビンを壊すことで、毛細血管が凝固・収縮するので、赤みが目立たなくなります。

通常の照射後の経過は、少し赤みがでる程度で、軟膏・テープ等は必要ありませんが、色黒の人や日焼けをした人が照射した場合、かさぶたが出来てしまうことがあります。
その場合は、数日軟膏を使用して頂きます。

YAGレーザーの照射前と照射後を比較

毛細血管拡張症にYAGレーザーを照射した、実際の写真を見てもらいたいと思います。

<照射前>

IMG_4801

<照射後>

IMG_4802

ほらっ!
数日後の経過ではなく、1枚目と2枚目の写真は同じ日です。
こんなにきれいに消えちゃうんですよ♪

麻酔クリームを塗ると血管が収縮してしまい、赤く見えていた毛細血管が見えなくなってしまうため、使用することができません。
しかし、スポットサイズも3ミリと小さく、1shotずつ照射部位を選んで行いますので、我慢できる痛さだと思います。

YAGレーザーは、同一部位を重ねて照射はできません

近い場所の照射は最低2週間の感覚をあける必要があるので、1度で全てを照射できるとは限りません。
しかし、YAGレーザーはダウンタイムが比較的少ないので、気軽に行えると思います。
1shot¥1000+消費税なら、試してみたくなりませんか?(^ ^)
予約時に当日照射希望だと伝えていただければ、診察次第で当日照射も可能ですよ♪

ご予約をお待ちしております(*´ΨΨ`)

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら