TOP > 脱☆アイプチ~二重にする方法~埋没法or二重切開法

脱☆アイプチ~二重にする方法~埋没法or二重切開法

前回のブログ「「瞼の皮膚が伸びた」などのアイプチトラブル~瞼に負担をかける原因は2つ」で、瞼に負担をかける原因を紹介しましたが、今回は二重を維持する方法を紹介します。

瞼の脂肪や筋肉に厚みがなく、皮膚の余りが少なく切除が必要ない場合

埋没法(クイック法)

埋没法は、切らずに糸で二重にする、術前血液検査が不要の施術です。
予約時に希望することを伝えて頂ければ、当日の施術が可能です。
施術時間も15分前後と早く、二重切開に比べダウンタイムが短いです。
アイプチにかけていた時間を短縮できるので、毎朝のメイクが楽になると思います。
一重がコンプレックスの人も、すっぴんに対する抵抗が減るかもしれません。

瞼の脂肪や筋肉が厚く、瞼の皮膚の余りが多い場合

上眼瞼切開法(二重切開法)

瞼を全切開し、二重にする手術です。
皮膚が伸びて余っている場合には皮膚を切除し、脂肪や筋肉が厚い場合はとる事が出来ます。
埋没法と比べて安定しやすく、二重幅を比較的自由につくれます。
目元が華やかになるので、アイメイクの時間が短縮できます。

しかし、腫れが埋没法に比べて大きい為ダウンタイムは、2週間くらい必要です。
いきなり切開するのが不安な人や、ダウンタイムが今すぐ確保できない人には、こんなプランもあります。
埋没法後1年以内に切開をした場合、埋没法の差額で切開の手術ができます。

関連記事:二重手術を行った後1年以内に適用される割引料金について

埋没法・二重切開法のどちらが向いているか受診してみませんか?

迷っているならば、このシステムを利用して、まず埋没法をして、1年以内に切開をするという段階を踏む計画を立てるのもありですね。
今こそ、脱☆アイプチをしてみませんか?
埋没法・二重切開法、どちらを行っても瞼の皮膚に負担をかけずに、メイク時間の短縮ができ、まつ毛も上向きになりますよ♡
いかがですか?

今のあなたの瞼の状態だったら、どちらの二重の施術が良さそうですか?
自分では、瞼の皮膚を切除する必要があるのかを判断するのは難しいですよね。
そんな時の高梨真教院長です(^ ^)
まずは、どちらの施術が向いているのか受診してみませんか?
ご予約を、お待ちしております♪

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら