TOP > 光老化について~紫外線を防いでしわ・シミ・くすみ・たるみを予防

光老化について~紫外線を防いでしわ・シミ・くすみ・たるみを予防

こんにちは(*^_^*)!みなさん。 悪天候も続きますが、天気が良いとどこかに出掛けたくなりますよね♪~ また、ポケモンGOの流行りに乗って、ポケモンを捕まえにあちこち出かけている方も多いのではないでしょうか。 でも、みなさん、日焼け対策は万全ですか? 知らず知らずのうちに、紫外線はあなたの肌を老化させているかもしれませんよ!   今日は恐ろしい言葉が書かれたサイトを発見してしまったのです。 それが『光老化』・・・。 紫外線が肌に悪いって何となくは知っていると思いますが、本当に知っていますか? 今日は紫外線の影響と対策について一緒に勉強していきましょう!   まず、『光老化』とは。 ざっくり言うと、太陽光線に長時間当たることで引き起こされる、肌の老化ですね。 肌は元々バリア機能と言って、外的刺激から肌を守るための機能が備わっています。 しかし、そのバリア機能以上の攻撃を与えられることによって、シミやしわが出来てしまうのです。 しかも、肌の老化の原因は8割が紫外線のダメージによるものだそう。 怖い怖い(;´Д`) じゃあ、どうしたらいいのか・・・を知るためにはまず、光の性質を知る必要があるんです。 まずは肌にダメージを与える光『紫外線』について説明していきますね。   紫外線には大きく分けるとUV-AとUV-B、UV-Cと3種類あります。 波長と言われる光が届く距離みたいなものの長さの違いで、種類が分けられています。 Aの波長が一番長く、B、Cの順に短くなります。 波長が長いということは深部にダメージを与えるという事。 C波はオゾン層に遮られるために、基本的にはダメージを受けることは今のところないそう。 だから、問題はAとB波。   B波は角質から表皮の一番下の基底層という部分までにダメージを与えます。 A波とは異なり、夏場に紫外線量がドーンと増えます。 たくさん浴びることで、日焼けを通り越し、水膨れになる位の火傷を引き起こすこともあります。 その位刺激的なB波なので、たくさん浴びれば、当然皮膚のバリア機能だって抑えきれませんよね。 その抑えきれなかったダメージは、いつも以上にメラノサイトを刺激しするので、一気にシミを作りだしてしまいます。 ダメージを受けた肌は、乾燥により細かいしわを作ったり、炎症を起こすことでターンオーバーも乱れ、くすみ肌に。   A波は、B波のように破壊力は弱いものの、じわじわともっと深い真皮層にダメージを与えます。 真皮層に入り込み、ハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるので、特にしわやたるみの原因に・・・。   どちらにしたって全然肌に良くないことは分かりますよね? では、どのように予防するか。 簡単には日に当たらないことです! って投げやりと思った方、本当ですよね。   日陰にいても、地面からの反射で日に焼けます。 (反射率としては、10%くらいのものですがね。) そうなると、帽子やサングラスだけでは予防出来ません。 また、水面や砂浜はもう少し%が上がるので、余計に注意が必要です。 まだまだ、海や川、プールに行かれる方もいらっしゃいますよね? (ちなみに、反射率NO.1は新雪で80%を超えるので、雪山は侮らないでくださいね♪) そうなると、肌を直接プロテクトする、日焼け止めが大切です!   次回は知っているようで知らない、日焼け止めの落とし穴について説明していきますね。

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら