TOP > 埋没をした後での葛藤~ダウンタイムとの付き合い方~

埋没をした後での葛藤~ダウンタイムとの付き合い方~

こんにちは。スタッフ フク子です。 今回、先生に埋没法(クイック)をやってもらって、仕上がりには大満足しています。 でも、埋没法をする前から落ち着くまでの間、自分の中で葛藤がありました。 今日は、この1ヶ月の振り返りについて話させていただきますね。   施術前は「二重にして欲しい。でも目をいじるのは怖い。」と先生に話していたんですね。 その時に、様々な質問をしました。 ・どういう施術なのか。 ・どれくらい痛いのか。 ・どの程度腫れて、どのくらいの期間なのか。 ・内出血は出るのか。どれくらいで治るのか。 ・二重のラインはどこまで大きく作ることができるのか。etc…。 とにかくいっぱい聞きました。 同じことも何度も聞いたと思います。 でも、そんな私に先生はとことん付き合ってくれました。 結局、施術をやるかやらないかを決めるのは自分なのです。 今までのアイプチをする作業を考えたら、少しのダウンタイムを乗り越えればいいだけのこと。 そう思いながらも不安が消せませんでした。 そんな怖がりの私を最後に踏み切らせた1言。 「嫌になったら取ったらいいじゃない」 おー!確かにそうだ! 埋没法ってプチ整形でしたもんね! 私みたいに怖くて足踏みをしている方には1度お試しができるということですね。 もしも万が一、二重線が気に入らなかった場合は外すことができますからね。   そんなわけで、やっと決意し、埋没法することにしました。 施術中は以前のブログにも書いた通り、緊張はしましたが、思っていたよりも痛みもなく、無事に終わりました。 施術をしてもらった後の数日は二重になった喜びに浸っていたので、しばらく葛藤することはありませんでした。 (術後1週間の様子は前回のブログも参考にしてね♪)   腫れがピークから少しずつ落ち着いてきたある日、二重になった自分を鏡で見て思った事。 「私の顔じゃない。」 私の顔だけど、私ではない感覚がありました。 今まではメイク落とした薄い顔に向かって「二重だったらよかったのになぁ」なんてぼやいていたんです。 でもいざ違う顔になったら受け入れきれなくなり、パニックに陥りました。 思い返してみると、その時は腫れがしっかり治まっていないせいもあって、顔が少し派手に感じたせいもあるかもしれません。 でも、一度そんな風に思ったら負のループが止まりません。 人にバレるんじゃないかと不安になり、何度も糸を外してもらおうかと悩みました。   そんな時期を先生や看護師さんたちに何度も何度もなだめてもらって、無事にダウンタイムを乗り越えることができました! 腫れが落ち着くと二重のラインが狭くなるので、施術後ほどの派手さはなくなります。 今では顔に馴染んできてとっても気に入っています!! 埋没法をやってもらって良かった(^v^)   どんな施術にも多かれ少なかれダウンタイムがあります。 でも変化を求めるのなら、必要な時間なのです。 埋没法だけに限らず、施術をするにあたって不安や疑問はあると思います。 インターネットで調べてみてもわからないこともたくさんありますよね。 そんな時は1人で抱え込まずに、医師や看護師さんに聞いてしまうのが1番早く不安や疑問を解消できると思います。 だから不安を感じたら、まずは相談してみて下さい。 興味があるのに施術に踏み切れない方は、1度カウンセリングにお越しください。 来院をお待ちしております。

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら