TOP > 巻き爪改善に欠かせない「ちねり」を作成中です。

巻き爪改善に欠かせない「ちねり」を作成中です。

みなさんこんにちは(*’ω’*)

スタッフくまっくまです。

今日はスタッフの日常風景の一部をご紹介します(*^_^*)

興味ないって?

まぁ、そんなこと言わずに、お付き合いください!

 

今日はみんなで「ちねり」を作成してみました。

その風景がこんな感じ↓

cid_157758109306ecb017b1cid_157758112ba6ebce9fa2

 

性格が出てます(笑)

でも、この「ちねり」何に使うと思いますか?

 

正解は、「陥入爪手術」でした!

分かった方、かなりマニアックですね♪~

実際にどんな風に使うのかというと、陥入爪処置をする際に、薬を患部に挿入する際に使用します。

では、陥入爪ってそもそもどんなものか、ご紹介していきますね。

 

陥入爪とは、「巻き爪」と呼ばれ、足の爪のカーブが強くなり、爪が伸びてきたときに、爪の周りの皮膚に食い込んだ状態を言います。

深爪しないように爪の切り方を工夫すれば、巻き爪自体は放っておいても大丈夫です。

しかし深爪してしまうと、爪が伸びてくるときに、皮膚に食い込んで痛みが出てしまうことがあります。

更に放っておくと、周りが腫れて膿をもつことも・・・。

そうなってしまうと、歩くのも大変ですよね?

その巻き爪を治す治療を「陥入爪手術」といいます。

簡単に言うと、爪が食い込んでしまう端の部分の抜いて生えないようにしてしまうのです。

想像すると、怖いですよね(>_<)

でも、その場しのぎの治療をしても繰り返してしまう場合が多く、また辛い思いをして治療しなくてはいけませんよね。

ですので、巻き爪で炎症がひどい場合は、抜爪するということが必要になります。

何より膿を持っている場合は、部分的に切開して、膿を絞り出す必要があるのですが、これはこれでとっても痛いんです(;´Д`)

刺さっている部分の爪だけを切るにしても、麻酔も痛い。

さらに膿を押し出すのも痛い。

痛い尽くしです・・・。

だから巻き爪がひどい場合は、痛みや炎症を繰り返さないように、陥入爪手術を行います。

 

怖いから、絶対にやりたくないという方、突然言われても勇気が出ないという方、とっても多いです。

でも、辛いことは一回で済むほうがいいかもしれません。

症状により治療法は異なりますし、急に抜爪は思いきれないという方は、対処療法もおこなっていますので、一人で悩まず、一度相談にお越しください。

 

そんなわけで、今日はスタッフの日常と、陥入爪手術についてでした。

またいつかお会いしましょう(#^.^#)/

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら