TOP > わきの悩みから解放されたい~ワキガを治したい~

わきの悩みから解放されたい~ワキガを治したい~

 

今回のブログは、前回の「わきの悩みから解放されたい~わき汗を止めたい・抑えたい~」の続きワキガの原因・対策についてです。

前回は汗腺の1つエクリン腺のお話でした。

今日はわきにある汗腺の2つ目、ワキガのお悩みに繋がるアポクリン腺です。

アポクリン腺は頭皮内に少し乳輪の周り、脇、陰部にあり、中でも脇と陰部に多数存在しています。

ワキガは俗にいう異性を呼ぶフェロモンの役割を果たしていたという説もあります。

性ホルモンとの繋がりが強く、女性であれば月経周期によってもニオイの強さが変わるとも言われています。

 

本来は無臭なのですが、皮膚の細菌と出会う(まざる)と、不快なニオイになります。

清潔に保ち、制汗剤でおさえることはできますが、一時的なものです。

原因を絶ちたいのであれば、手術でアポクリン腺を切除することをおすすめします。

 

当院では2つの治療を行っています。

1つ目は反転剪除法です。

これは最も一般的な、効果の高い治療方法です。

局所麻酔をして、わき毛の生えている部分上下2ヶ所3~4㎝程度を切開します。

そして、皮膚を裏返して汗腺を切除します。

傷口は残ってしまいますが、汗腺を目で確認しながら手術できるので、しっかり取り除くことができます。

術後はきちんと皮膚を定着させるために圧迫用のボディスーツを着用して頂きます。

このボディスーツは圧迫が目的ですので、きつくて暑いです。

そのため、きつくて暑くても1週間は着てなくてはなりません。

ですから手術は今時期の冬がおすすめです。

術後安静が保たれないと皮膚がずれたり、血腫ができて最悪の場合は皮膚の壊死が起きてしまったりすることもあります。

 

2つ目はロータリーシェービング法です。

傷跡が目立たない治療方法です。

わき毛の生えている部分に、3ヶ所5mm程度の穴をあけ、ロータリー式の刃がついた細い吸引管を挿入します。

汗腺をカットしながら吸引します。

効果としては20~30%程度アポクリン腺の減量が見込めます。

傷の大きさやメリット・デメリットについてはこちら

ワキガ治療4パターン

ダウンタイムやボディースーツについてはこちらも参考にしてね。

ワキガ手術後固定方法手術後から1ヶ月

ワキガ手術後固定方法1ヶ月から3ヶ月

 

以上、当院で行っているワキガ手術の紹介でした。

ワキガ治療が気になる方は一度カウンセリングにお越しください。

お待ちしております。

 

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら