TOP > 鼻プロテーゼを抜去~皮膚が薄くなり鼻先に穴が開く前に

鼻プロテーゼを抜去~皮膚が薄くなり鼻先に穴が開く前に

プロテーゼは挿入すると、鼻筋や鼻先に高さを出すことが出来、手軽に鼻の形を整えられるイメージですよね?しかし、いざ手術をしてみると、腫れや痛み、内出血といったダウンタイムもつらく、ズレないかという不安に長い間悩まされることも。

鼻の大きな方がプロテーゼを挿入してしまうと、更に鼻が大きくなってしまいます。日本人は鼻が大きな人が多く、実際挿入して気に入らないと思っている方も多いのでは?(自分の鼻が大きいか気になる方はコチラ

又、鼻プロテーゼはシリコン製のインプラントで、長年入れているとトラブルが起きる事があります。プロテーゼを入れている部分は、血行が悪くなります。血行が悪いと周りの組織が萎縮する為、皮膚が薄くなってきます。特に鼻先は、皮膚の厚みや伸展性がなく、負荷のかかっている部分の皮膚が薄くなりやすいです。

その為、時間とともにプロテーゼの形がくっきり見えてしまったり、毛穴がわからないくらい白っぽくテカテカしてきます。場合によっては、皮膚に穴が開く可能性もあります。皮膚が薄くなってきたら、プロテーゼの抜去を行うしかありません。

とは言っても、プロテーゼを挿入する手術を行った時のように、大変な思いをするのではないかと心配する方が多いです。しかし、手術はあっという間に終わる場合が多く、拍子抜けしてしまうと思います。鼻プロテーゼ抜去の多くは、片方の鼻の穴の入り口を切開し手術を行います。

プロテーゼを取り出す為に剥離し、取り出せたら1~2針縫合して手術は終わりです。手術時間は、プロテーゼを挿入してからの期間や状態にもよりますが、時間がかかる方でも30分程で終わります。挿入時は、プロテーゼを入れるためのスペースを作る為に剥がす範囲が広いのですが、抜去する際はプロテーゼを掴めるところまで剥がすだけなので、痛みや腫れがほとんどなく、内出血も少ないです。

手術後は、鼻血が止まるまで片側だけ鼻栓をします。腫れなどにもよりますが、テーピングをする必要がない事が多いです。内出血が無ければ、翌日にはマスクも必要無いかもしれません。

悩んでいた方から、この程度だったら何年も悩まずにもっと早く抜去をしていればよかったと、言われることもあります。長年鼻プロテーゼと共に生きていた方は、抜去することに抵抗がある方も少なくないと思います。しかし、皮膚が薄くなってきてしまったら、鼻プロテーゼを抜去する必要があります。

鼻先が大きい場合は鼻尖縮小手術、鼻先に高さが欲しい場合は耳介軟骨移植手術、小鼻の幅が広い場合は鼻翼縮小手術、鼻根部に高さが欲しい場合はヒアルロン酸注射など、その悩みを改善する方法は他にもあるかもしれません。

鼻プロテーゼに対する不安やトラブルを解消し、根本的な改善を一緒に考えてみませんか?

2016年12月29日 / カテゴリー:スタッフブログ, 施術についてのお話,

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら