TOP > 花粉に負けないために早めの対策がお勧め

花粉に負けないために早めの対策がお勧め

寒暖の差が激しい今日この頃。

皆様、体調を崩されたりしていませんか?

私、くまっくまは何故かフライングの花粉にやられている模様です・・・。

どうも、寒い日が続く中、時折暖かくなるせいなのか、花粉の気配を感じます。

花粉仲間の方からも、「来てる?よね?」なんて話が。

あの、忌々しい花粉。

突然襲てくる花粉対策、いつから始めるのが良いのでしょうか。

 

そもそも花粉症とは、アレルギー疾患の1つです。

肥満細胞と呼ばれる細胞に、アレルゲンである花粉がくっつくと、ヒスタミンという物質が放出されます。

本来ヒスタミンは、菌など外部からの侵入してきたものに対して、身体を守るための物質なんです。

しかし、アレルギー反応というのは、このヒスタミンが過剰に出過ぎてしまう為に、全身に痒みが出たり、くしゃみ・鼻水、目の充血・涙目といった症状を引き起こすのです。

場合によっては熱が出てしまう人も・・・。

花粉症が悪化すると、全身にアレルギー反応を起こしているので、日常生活がままならないくらい、本当に辛いんですよ(>_<)

そのため、このヒスタミンの過剰放出を防ぐというのが大事になってきます。

それが抗ヒスタミン薬ですね。

 

以前の抗ヒスタミン薬は、眠気が強くなるからと、以前は嫌煙されがちでした。

でも、そんな私たちのために、眠くなりにくい薬も増えてきていますよ!

花粉症はもはや、国民病!

4~5人に一人はスギ花粉の罹患者と言われています。

沢山の種類のお薬がありますので嫌煙せず、まずはお医者さんに相談してみてください。

そうだよね、ひどくなったら病院にいこうかなって呑気に思っているそこのあなた。

ぼちぼちお薬はもらっておいた方がよさそうですよ。

 

何故そろそろお薬なのかというと、花粉が飛ぶ少し前からお薬は飲んでおいた方が効果的だからです!

花粉症がピークに徹してから飲み始める人、多いと思います。

でも、痛み止めもピークまで我慢してから飲むと効きが悪いと思ったことないですか?

アレルギー薬には抗ヒスタミン以外にも、抗アレルギー薬というのがあります。

このアレルギー薬とは、アレルギーが出ないように、肥満細胞の膜を破れにくくする作用があります。

バリアを作る感じと言えば、イメージしやすいのではないかと思います。

花粉が入ってくる前にバリアを作って、膜を強化した方が良いですよね?

だから、そろそろ準備が必要なんです。

 

2月、急に暖かくなったら忌々しい花粉たちはやってきますよ!

1月も、もうすぐおしまいです。

自分が花粉症かどうか分からないという方は、39種類のアレルギーを一度に検査できる採血検査もありますよ。

そろそろ、お薬の準備始めてみませんか?

2017年1月27日 / カテゴリー:スタッフブログ

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら