TOP > 鼻尖縮小手術後のピンチノーズを改善したい

鼻尖縮小手術後のピンチノーズを改善したい

前回のブログで、鼻尖縮小手術について話しました。
今回は、ピンチノーズについて話したいと思います。

関連記事:「大きなだんご鼻を鼻尖縮小手術で小さくシャープな鼻にしたい

瘢痕で硬くなり萎縮している状態とピンチノーズは違います

ピンチノーズとは、前回も話しましたが、鼻先を洗濯ばさみでつまんでいる様に見えること。
鼻先の横の部分がぎゅっと入り、鼻横に影ができている状態を言います。

鼻尖縮小手術を行って出来る傷は、鼻の穴の入り口と奥の部分にだけ出来るわけではなく、剥がしている部分にも傷はあります。
どのような手術でも、1ヶ月目は、傷が1番硬くなりやすい時期です。
その為、抜糸をしたときに比べ、鼻先は小さくなります。

これは、傷を治そうと瘢痕(はんこん~できものや傷などが直った後に皮膚面に残るあと)ができるので、傷が硬くなり縮む為です。
通常は、3~6ヶ月程で柔らかくなります。
手術後1ヶ月の経過診察で、ピンチノーズになってしまったのではないかと不安になって来院される方がいます。

しかし、実際に診察をしてみると、ピンチノーズになっているわけではない方がほとんどです。
瘢痕で硬くなり萎縮している状態と、ピンチノーズは違うものです。

1ヶ月目の経過診察時には必要に応じてステロイド注射

1ヶ月目の経過診察の際に状態をチェックし、必要があれば傷を柔らかくするためのステロイドの注射をします。
ピンチノーズではなく、瘢痕であれば注射し、経過を待つことで、傷の硬さが改善されます。

ピンチノーズは体質によるものもある為、初めての方でもピンチノーズになる可能性はあります。
しかし、初めて鼻尖の手術を行う方に比べると、何度も鼻尖の手術を行っている方が確率は高くなります。

ヒアルロンさん注射でピンチノーズを改善

手術を行うと、多少なりとも瘢痕ができるので、手術を行っていない状態とは異なる為です。
もし、ピンチノーズになってしまっても、改善方法はあります。
それは、ヒアルロン酸注射です。

凹んでいる部分に、ゼリー状の薬剤を注射することで、ぼかすことが出来ます。
傷のある部分への注射は、何もしたことのない部分に比べ、少ない量で回数を分ける必要があります。

それは、瘢痕のある部分を注射で膨らまそうと思っても、均一に膨らみづらく、一度にたくさん注射をしても、周りがボコボコしてしまうからです。

当院のヒアルロン酸は、購入して頂いた日から1か月間お取り置きができます。
来るのは大変かもしれませんが、焦らず注入することが大切です。

当院のカウンセリングで悩みや不安を解消してみませんか?

さて、2回に分けて、鼻尖縮小とピンチノーズについて話しました。
それでも、全ての不安を払拭するのは難しいですよね。
一人で悶々とするよりも、カウンセリングで悩みや不安について相談してみるのはいかがですか?
診察の予約お待ちしております

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら