TOP > 目や口の周りなどの老けて見える乾燥小じわを改善したい

目や口の周りなどの老けて見える乾燥小じわを改善したい

空気が冷たく、乾燥した日が続きますね。

そんな寒い日には、電気毛布に包まって寝たくなりますよね。

しかし、空気が乾燥しているのに、暖房器具を駆使していると、更に湿度が低下し、乾燥空間を作り上げてしまいます。

乾燥した日が続くと、風邪やインフルエンザなどのウイルスが心配ですよね。

それだけではなく、乾燥は肌への影響が大きく、肌老化を促進してしまうんですよ。

 

気温が低く、湿度が低く、風が強い程、肌は乾燥しやすくなります。

寒いと体温を保とうとする為、毛細血管が収縮し、十分な栄養が行き届かなくなります。

その為、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり肌の衰えを早めてしまいます。

人間の皮膚表面は、皮脂膜という汗や皮脂による天然のクリームで潤いが保たれています。

しかし、この季節は、汗や皮脂の分泌量が減ることで皮膚のバリア機能が衰え、角質細胞の隙間から外気の乾燥や暖房で皮膚の水分が失われてしまいます。

皮膚の潤いが無くなってしまうと肌の組織を痛めてしまい、外部からの刺激にも敏感になるので、肌荒れを起こしやすくなります。

又、肌の水分や皮脂が不足すると、角質細胞が皮膚を守ろうと増殖を始めて硬くなるので、しわができる原因になります。

乾燥じわは、硬く厚みの増した角質層のキメが乱れて隙間ができることによってでき、目の周りや口の周りなどの皮膚の薄い部分の表皮にできるしわです。

乾燥が原因だからと、放っておくことはお勧めしません。

速めに対処をしないと、真皮に達する深いしわになってしまうことがあります。

そして、乾燥が長引くと肌にダメージを与え続けていることになり、コラーゲンの破壊によるハリ不足、キメの粗さで肌がくすんでしまいます。

それでは、疲れている様な、老けている印象になってしまいますよ。

そうならない為に大切なのは、やはり保湿です。

 

スキンケアとして定番なのは、化粧水や乳液ですよね。

最近では、男性の方でも使っている方は多いと思います。

保湿を行っているつもりでも、冬は化粧水や乳液だけでは間に合わないこともありますよね。

そんな時は、クリームやパックを使うという方法もありますが、皮膚科の受診という方法がお勧めです。

主な保湿剤には、ワセリン・尿素・ヘパリン類似物質などがあります。

ワセリンは、刺激が無く、皮膚表面に膜をはり、水分の蒸発も防ぐので、保湿効果は高いのですが、ベタベタする為、少し使いにくいです。

そして、伸びも良くないため、目元などの皮膚の薄い場所に、一生懸命薄く塗ろうとすると、強く擦ってしまう事があります。

尿素は、体内の水分を角質層に集めるだけでなく、角質を柔らかくさせる溶解作用があります。

保湿機能だけでなく、たんぱく質を分解する働きもあるので、かかとのガサガサのように、角質層が乾いて硬くなっている場合などには適していますが、目元などの皮膚の薄い部分には不向きです。

ヘパリン類似物質は、皮膚の潤いを保つだけでなく、血行促進効果があるとされています。

ヒルドイドやビーソフテンなどと言った方が、聞き覚えがある方は多いと思います。

顔にも身体にも使う事が出来て、しっとりはしますが、ベタつかないので化粧前にも使いやすいです。

 

いかがですか?

乾燥対策の保湿は、部位や症状で使い分けたいですね。

電気毛布に包まって寝ると、暖かくて気持ち良いですよね。

しかし、体内の水分不足により、起きた時に喉が渇いているだけでなく、肌も乾燥しているんですよ。

水分をしっかりと摂り、保湿をしっかり行い、すべすべ肌をキープするだけでなく、乾燥小じわを改善しませんか?

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら