TOP > 鼻プロテーゼ挿入~ズレたから入れ替えて修正したい

鼻プロテーゼ挿入~ズレたから入れ替えて修正したい

少しずつ陽射しが暖かくなってきましたね。ゴールデンウィークという大型連休を利用して、美容整形をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。日本人は、鼻先が丸く、鼻筋が低い人が多く、コンプレックスという方が多いようです。では、鼻をシャープにしたいと思ったら、どのような方法が思い浮かびますか?鼻プロテーゼを思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。

プロテーゼは、軟部組織や軟骨を切り取る鼻尖縮小手術に比べて、抜去してしまえば元に戻せるという安心感や、手軽に出来る簡単な手術だと思っていませんか?しかし、以前のブログ「鼻プロテーゼを抜去~皮膚が薄くなり鼻先に穴が開く前に」で紹介したように、プロテーゼが入っていると血行が悪くなり皮膚が薄くなることがあります。

又、プロテーゼを挿入しても、プロテーゼがズレて鼻筋が曲がって見えたり、経過とともに鼻先の位置が上がってくることがあります。今回は、鼻プロテーゼがズレて入ってしまった時の事について話したいと思います。

鼻プロテーゼを挿入する手術は、片側の鼻の穴の入り口を切開して、スペースを作りプロテーゼを挿入します。この広げたスペースが曲がっていたり、手術後のテープ固定をしっかり行っていないと、ズレてしまう事があります。プロテーゼが曲がって入ってしまった場合は、一度抜去する必要があります。

抜去した当日に新しいプロテーゼに入れ替えることは出来ないの?と聞かれることが多いです。しかし、曲がった状態でスペースが出来ている時に、新しいプロテーゼに入れ替えても、曲がっているスペースにプロテーゼが入ってしまいます。これでは意味が無くなってしまう為、抜去した当日に再度プロテーゼを挿入することはお勧めしません。再度プロテーゼ挿入したい場合は、抜去をして経過をみてからをお勧めしています。

プロテーゼを入れる時にスペースを作らないといけない為、手術後の腫れや内出血が大変だった方もいると思います。そんな経験をしていたら、抜去する時も大がかりなのではないかと心配になりますよね。実際は、抜去するだけなら入れる時の様に大きくスペースを作る必要がない為、あっという間に終わってしまう事が多く、痛みは少ないです。

それでも、鼻プロテーゼ抜去をしてしまうと、コンプレックスに思っている部分が目立ってしまうのではと躊躇しますよね。再度手術をするならば、曲がるリスクが少なく皮膚が薄くならない、自分の組織だけで行える手術がお勧めです。

次回はその方法を紹介したいと思います。

2017年4月1日 / カテゴリー:スタッフブログ, 施術についてのお話,

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら