TOP > 重力に負ける顔のたるみの原因~皮膚の余りと脂肪の下がりをリフトアップで改善

重力に負ける顔のたるみの原因~皮膚の余りと脂肪の下がりをリフトアップで改善

こんにちは。
最近、写真写りが悪くなったと思ったことはありませんか?
年齢を重ねると、若々しく可愛く写真に写る事が難しくなってきますね。
例えば、こんな感じの写真どうですか?
 
子供はローアングルの写真でも何の問題もないですよね。
でも、年齢を重ねるって怖い…ローアングルだと、二重あごを通り越して三重あご…そして法令線もくっきり…。
自分がブサイクすぎて見るに堪えないからと、思い出の写真も見返せない…とはなりたくないですよね。
アングルを気にせずに、大切な思い出を残す為には、アンチエイジングが大切です。
老化現象のいわゆる「たるみ」は、大きく分けると上から下に下がる「下垂」と、余りの「余剰」があります。
同じ顔の中でも、部位によって症状は違います。
アングル大事!と、思っているあなた!
今回はローアングルでも耐えられる自分になる為に、たるみが目立つ部分のアプローチ方法を紹介したいと思います♪

顔のたるみは、下のイラストのようにパーツで分かれます。
 
私は、まず顎のラインが気になったので、顎の話から。
顎のラインが二重あごを通り過ぎて三重あご…。
太っている人の、脂肪による二重あごとは、また違いますよね。
イラストで言うと、Unit4の頬部側面のたるみによるものです。
頬部側面は、皮膚の余りが目立つパーツです。
正面から見ると範囲が大きく感じませんが、額と同じくらいの大きさで、片側だけで手のひら1枚位の大きさがあり、その分皮膚の余りも大きく目立ちます。
フェイスラインがもたつき、ブルドック顔。
鏡に向かいながら、手のひらでほっぺたをグイッと持ち上げては、こうなれば良いのに…と、思うことはありませんか?
ブルドック顔になるのは、オトガイ神経の出入り口に引っかかり、余剰した皮膚がそれ以上下がらず、段差(マリオネットライン)になるからです。
マリオネットラインが気になるなら“ヒアルロン酸注射”で少し浅くすることが出来ます。しかし、マリオネットラインが深く目立ち、段差をなくす位注射しようとすると、顔がパンパンに大きくなってしまいます。
又、顔の下1/3のボリュームが大きいと老けて見える原因になります。
皮膚の余りは、持ち上げるだけではなくならない為、皮膚とスマスを引っ張り余りを切り取る“フェイスリフト”が適しています。

次に、気になるのがくっきりな法令線。
法令線が目立つ原因の一つは、Unit3の前頬部のたるみです。
前頬部は、脂肪の下がりが目立つパーツですが、自分ではなかなか前頬部が下がってきたとは気づかないですよね。
頬の高さが無くなり、長く見えるようになったり、ゴルゴラインが目立ってきたり、法令線の上1/3が深くなったように感じませんか?
これが、前頬部のたるみです。
若い時は、2つ重なり合うようにあった脂肪が、加齢と重力に負けて、下がってきた為に起こります。
法令線を浅くする場合は、“ヒアルロン酸注射”で凹みをぼかすことは出来ます。
しかし、ゴルゴラインはツレのようなものなので、ヒアルロン酸でぼかそうとしても、その周りが膨らんでしまい、更にゴルゴラインが目立つようになってしまいます。
この場合は、脂肪を糸で持ち上げる“スレッドリフト”という手術の方が適しています。

いかがでしたか?
今回はローアングルの写真で気になる「たるみ」を、Unit別で紹介しました。
リフトアップでも、部位によって原因が異なり、改善方法も異なることを分かって頂けたかと思います。
今回は、リフトアップが必要な部位と手術名の簡単な紹介だったので、気になる手術がある方は詳細ページも参考にしてみて下さいね☆
そして、もっと聞いてみたいことや、自分にも適応した手術なのかが気になる方は診察の予約お待ちしております♪
これからどんどん涼しくなって、ダウンタイムが過ごしやすくなる季節ですよ(^ ^)

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら