TOP > 花粉植物アレルギー症候群?~食後の口唇や喉の痒み、腫れ、イガイガ感~

花粉植物アレルギー症候群?~食後の口唇や喉の痒み、腫れ、イガイガ感~

現代病とも言われる『花粉症』。
そろそろブタクサの花粉にやられ始めてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
花粉症と言われて思いつくのは、

・くしゃみ鼻水が止まらない。
・目が痒くて充血している。
・肌が乾燥しやすく、肌荒れも出てきてしまう。
・熱っぽく身体が何となくダルイ。
 etc・・・。

花粉症でお悩みの皆さんは、こんな感じですよね?
私も花粉症はかなりひどいので、症状MAXの時はお恥ずかしい話、寝起きは目ヤニで目が開きません・・・。
でも花粉症が原因で引き起こされる症状は、これだけではないんです。例えば、

果物や野菜を食べた後から急に
・口や喉がピリピリしたり、イガイガしたりする。
・口唇や口の中、喉に痒みや腫れを感じる。
・食べ物を食べて15分もしない内にお腹が痛くなったり、蕁麻疹が出る。
・息苦しさを感じ、呼吸がヒューヒューやゼイゼイと言う音になる。

こんな症状出たことはないですか?
もし心当たりのある人、何らかのアレルギーがあるかもしれません。

実はこれ、『花粉植物アレルギー症候群(PFAS)』という病気なんです。
または、『口腔内アレルギー症状(OAS)』とも言います。
正確にはOASの原因が花粉症の場合は、PFASというという解釈の方が正しいかもしれません。
先程挙げた症状が出るのは、花粉のアレルギー起因性の病気だったんですね。

なんで?花粉とは関係ないはずなのに?と思いますよね。
ただでさえ、花粉症があるだけでも、辛いのに・・・。
花粉症のせいで、好きな食べ物まで食べれなくなっちゃうって事?
残念ながら、人によっては・・・そうかもしれません・・・(>__<)!
でも、採血検査であれば、ある程度の事は簡単に調べられます。
もし、気になる症状があるのであれば、一度検査にしてみるのもいいかもしれませんね(*^-^*)

用語補足
交差反応:免疫系に関して、生産された抗体が、その抗体産生反応を引き起こした抗原以外のある抗原に結合することをいう。抗原決定基の立体構造が類似していることが原因で起こる。
参考文献
http://lib1.kyokyo-u.ac.jp/kiyou/kiyoupdf/no113/bkue11310.pdf

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら