TOP > 鼻下が伸びて長いのが悩み~鼻下短縮手術で見た目年齢を若くしたい

鼻下が伸びて長いのが悩み~鼻下短縮手術で見た目年齢を若くしたい

こんにちは。
前回「ヒアルロン酸注射で唇のボリュームダウンを改善~痩せた唇・薄い唇は老けて見える」で、ヒアルロン酸注射での唇のボリュームアップについて話しました。
今回は、口元が老けて見えるもう一つの原因である、鼻下の長さを改善する方法をご紹介します。

鼻下が長い人とは?
一般的な鼻の下の長さは15~20mmです。
元々若い時から鼻下が長い方ももちろんいます。
若くても20mmあることもあれば、逆のことももちろんあります。
しかし、若い頃に比べると、加齢により鼻下は長くなっていきます。
鼻下の長さを改善する方法は、“鼻下(人中)短縮手術”です。

ヒアルロン酸注射で鼻下は短くならない
「鼻下が長くなってきた気がする…。」「唇が薄くなった気がする…。」「口元がおばあちゃんみたいになってきた気がする…。」と、ご自身で気づく方もいます。
ヒアルロン酸注射で改善できるのではないかと思う方が多いようです。
前回のブログで紹介したように、痩せた唇にボリュームを足すにはヒアルロン酸注射で改善できますが、鼻下の長さは、皮膚を切り取る手術でないと改善されません。

局所麻酔を使って手術をしますが、手術と言われると、痛みが不安だったり、怖く感じる方がいると思います。
鼻下短縮の場合は、静脈麻酔も使用します。
怖いと思った手術が、寝ている間に終わったら、安心して手術がうけられるのではないでしょうか。

鼻下短縮手術とは
鼻下から上唇の長さを短くする手術です。
皮膚を切り取り、筋肉を縫い縮めて、皮膚を縫合するので鼻下が短くなります。

若い方の写真ですが、実際のマーキングがこちら。

バットマンみたいですよね。
外側まで持ち上げたくて、欲張って小鼻の方までカットラインを伸ばすと、傷が目立ってしまいますので、外側まではカットしません。

傷について
傷の赤みや硬さは3~6ヶ月続きますが、表面に出ている傷は鼻柱部分だけです。
赤みは他人から見て気にならない程度だと思いますが、抜糸後は化粧で隠せます。
手術直後は、上唇が上がりにくいので、笑っても前歯が隠れていることがありますが、経過とともに自然に笑えるようになります。

今回は、口元が老けて見える、鼻下が長くなった時の改善方法を紹介しました。
今までプチ整形もしたことが無い方だと、最初から手術の決断をするのって勇気がいりますよね。
そんな方は、ヒアルロン酸で口元のボリュームを足すことからチャレンジしてみるのも良いですが、鼻下の長さを短くするには鼻下短縮手術しかありません。
抜糸までの1週間、糸の上からテープで圧迫している状態になるので、マスクができる今の季節はお勧めですよ。
まずは、タカナシ先生に、見た目年齢が若くなる方法を相談してみてはいかがでしょうか(^ ^)

2017年12月7日 / カテゴリー:スタッフブログ, 施術についてのお話,

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら