TOP > 快適に過ごすための花粉症治療☆薬の併用がお勧め!ステロイド注射は酷い時の最終手段!

快適に過ごすための花粉症治療☆薬の併用がお勧め!ステロイド注射は酷い時の最終手段!

こんにちは。
まだ冬物のコートが手放せませんが、春が近づいてきたと感じさせる、花粉症シーズン到来ですね。
ドラッグストアでも花粉症対策コーナーを見かけましたが、花粉症のベテランさんは準備を始めている方もいるのではないでしょうか。
今回は、そんな花粉症のお話しです。

花粉症とは?

花粉症とは、異物となる花粉(アレルゲン)が体内に入った時に、花粉を出来る限り体外に出そうとする免疫反応です。
昨年まで症状が出ていなかったのに、今年から花粉症の仲間入り…なんてこともありますよね。
花粉症は、ある一定の閾値を超えることで発症します。
そんな花粉症の、治療方法を紹介します。

基本的な花粉症の治療方法

基本的な花粉症の治療は、抗アレルギー薬の内服です。
抗アレルギー薬は、アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質の働きを抑える薬です。
眠気や、乾燥が気になるから苦手だと聞く事があります。
しかし、色々な種類があり、1日1回のものや、早く効果が出て、眠くなりにくい成分の薬などもあります。

症状によっては、内服薬だけではなく点鼻薬や点眼薬もあり、アレルギー症状を直接抑えてくれます。
花粉症の薬と言っても、種類があるので、気になる症状等を先生にしっかり伝え、自分に合った薬で、少しでも快適に過ごせるようにしたいですね(^ ^)

花粉症の症状が酷い時はステロイド注射の併用

抗アレルギー薬の内服と、点鼻薬や点眼薬を併用していても症状が酷いことってありませんか?
そんなシーズン中の1番酷い時だけ、ステロイド注射をするという方法があります。
効果はテキメンですが、ステロイドには生理不順や注射部位が凹む可能性など以外にも様々な副作用があります。

ステロイド注射の効果を実感すると、快適さに治療を注射だけにしたい方もいるようです。
しかし注射は、内服薬などを使っていても症状が酷い時に行う最終手段。
内服薬などの治療を行っていても辛い場合には、先生に相談して、副作用を理解した上で注射をするか決めましょう。

花粉症を軽減する減感作療法

当院では行っていませんが、専門の科では減感作療法という、免疫力をつけて慣れさせる治療があります。
今すぐ効果が出るものではなく時間のかかる治療で、花粉症の症状が出ていない時期に行うものです。
その他、シーズン中は、抗アレルギー薬の内服や、点鼻薬・点眼薬での治療をお勧めします。

気になる方は過去のブログもチェック!

花粉症の治療について、他にも紹介しているブログがあるので、気になる方はチェックしてください。
花粉症などのアレルギー治療(保険適応)も行っています
花粉症のステロイド注射と生理不順について

花粉症でお悩みの皆さん、いかがでしたか?
風の強い日や、雨の翌日の晴れた日は、花粉症の症状が酷くなりがちです。
抗アレルギー薬の内服や、点鼻薬点眼薬をしっかり使い、マスクや眼鏡で防御を行い、辛いこのシーズンを乗り切りましょう♪

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら