TOP > 顔のたるみ「マリオネットライン」ができる理由を頭蓋骨で解説!

顔のたるみ「マリオネットライン」ができる理由を頭蓋骨で解説!

今日、たまたま患者さんと話している時のこと。
クリニックの診察室には頭蓋骨モデルがいるのですが、それを見て「しゃれこうべ」と言われました。
知っていますか?
頭蓋骨のこと、しゃれこうべって呼ぶんですよ♪~

久しぶりにその単語を聞いて、そう言えば言うなぁって思いだし、ついつい皆さんにも話したくなってしまったというお話でした。
折角なので、頭蓋骨つながりで、今日は頭蓋骨を見せながら話す、フェイスリフトの話をしてみたいと思います!

どうつながるか、ピンと来ない方、カウンセリングにお越しください!と言いたいところですが(笑)
説明するにあたり、まずは頭蓋骨と関係があるマリオネットラインと、フェイスラインのたるみの説明からしていきますね。

フェイスラインのたるみ、口元に現れるマリオネットラインとは

40代から徐々に目立ち始めるフェイスラインのたるみ。
その特徴として挙げられるのが、マリオネットラインです。
マリオネットラインとは、口角横から顎方向かって伸びる凹みの事を指します。

実際の語源の由来は、人形劇で使われていた糸で操られている人形の事。
口元が動かせるように他の部分とパーツ分けて設計されているために、見た目上、口角横にラインが入ってしまいます。
そのラインと同じ位置の凹みなのでこのように呼ばれるようになったそうです

頭蓋骨で見るマリオネットラインが出来る原因とは

さて、たるみの話に戻りましょう。
口角横のマリオネットライン、たるみが出てくると、なぜこれが目立つのか。
それは顔の皮膚のたるみが頤(おとがい)神経に引っかかり、そこにたわみが出るからです。
そのたわみが段差になり、凹みとして目立ってくるで、まるでマリオネットの人形の様に口角横の縦のシワが気になるようになるのです。

ではここで、やっと出てくる頭蓋骨を実際に見て頂きましょう♪~

 

写真の口角横に小さい穴が開いているのが分かりますか?
これが、頤神経の通り道です。
頤神経とは、すごく簡単に説明すると、下口唇周辺の感覚神経のこと。
神経はスジの様になっているので、皮膚の余りがこの神経に引っかかり、マリオネットラインとして目立つのです。

マリオネットラインを無くしたい・・・それならフェイスリフト!
そして、このマリオネットライン・・・出来る事なら無くしたいですよね?
方法としては、ヒアルロン酸で凹みを埋めるという方法もあります。
でも、まったく凹みが無いようにしようと思うと、顔が大きくなってしまいます・・・(-_-;)
そんな時は、フェイスリフト!

フェイスリフトはフェイスラインの皮膚の余りを切り取る方法です。
タカナシクリニックでは、余った皮膚だけでなく、SMASという筋膜も引き上げることで、より効果を実感して頂けると思います。

詳しくは過去ブログでも色々紹介しているので、是非見てみて下さいね♪~
では、今日は頭蓋骨「しゃれこうべ」を使いたるみについて説明してみました。
いままでブログで紹介した内容で気になる事や、もちろん手術の詳しい説明はぜひ、カウンセリングやお問い合わせで聞いてみてくださいね♪~

下膨れ顔を治したい~加齢によるブルドック顔はフェイスリフトで解消

顎をシャープにしたい☆フェイスリフトで顔を小さく♡

フェイスリフトの手術をされる方が増えました

小顔になりたい②~フェイスリフトやスレッドリフトでたるみ改善

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら