TOP > 火傷した時は早めの対処が大事!ご自身で出来る対処法

火傷した時は早めの対処が大事!ご自身で出来る対処法

こんにちは(^_^)/
先日うちのスタッフネコが、チキンと戦った(料理した)結果、火傷をしてしまいました。
皆さんもうっかり油がはねてとか、お湯をこぼして等、火傷してしまう事もありますよね。
跡を残さず、出来るだけ早く治したい!
そんな方のために、火傷してしまった後の対処法について、今日はご紹介していきますね。

1、まずは流水や冷たいものですぐ冷やす

油やお湯が飛んできて、あつっ!っと感じたら、まず冷やすことが肝心です!
すぐ冷やすことで、熱がじわじわと皮膚に与えるダメージを抑えることが出来ます。
ココがひどくなるか、ならないかの分かれ目。
とにかく火傷したかもしれないと思ったら、まず30分は冷やすことが大切です。

また、靴下などの衣類を着ている部分を火傷した場合は、衣類は脱がず、まずはその上から冷やしましょう。
足元の場合は、まずは靴下は脱がず、バケツに氷水をいれて、そこに足を入れるようにすると冷やしやすいでしょう。
無理に脱ごうとすると、水膨れになっていた所が衣類にくっつき、脱いだ拍子に皮がはがれて、いなばの白ウサギ状態に・・・。

2、熱が取れたら、軟膏処置。場合によっては病院へ

粗熱が取れたら、軟膏で湿潤させて、傷の治りを促します。
ただし、水膨れが破れ、感染のリスクがある場合とそうでない場合は、治療の方法が異なります。
キズの状態に合わせた処置をした方が良いので、出来れば病院で適切な処置方法を確認してください。

3、カサブタが取れたら、日焼け予防

軟膏処置を続けて、カサブタが取れてきたら、治療は終了ですが、出来るだけ跡にしない為には、日焼け予防が大切です。
一見治ったように見えても、まだ色素沈着がある時期は、完全に皮膚が正常に戻ったわけではありません。
気にして触ったり、日焼けしたりと刺激を繰り返すと、シミの様な跡になってしまいます。

出来るだけ刺激せず、日焼け予防もしっかり行いましょう。
また、早く色素沈着を無くしたい方は、THクリームがおすすめです。
THクリームにはピーリング作用と美白作用がある薬剤が入っているため、自然治癒に比べて早く色素沈着を改善する事が出来ます。

いかがでしたか?
火傷はした瞬間からのケアが一番大切です!
まずはしっかりクーリングをするという事だけは忘れないでくださいね♪
火傷の診察や傷跡など、心配なことがありましたら、タカナシクリニックでご相談ください。

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら