TOP > 暑い時期に出来やすいあせも(汗疹)の原因や治療法

暑い時期に出来やすいあせも(汗疹)の原因や治療法

こんにちは(^_^)
今日はまだまだ暑い季節に、もっとも出きやすいあせも(汗疹)の原因や治療法についてお話します。

あせもができる原因

あせもとは、汗をたくさんかくことにより、皮膚にある汗腺から肌表面へとつながる汗管(汗の通り道)が詰まり、体外に排出されずに溜まった汗の成分が、周辺の組織を刺激することで起きる炎症です。
夏場の暑い時期はもちろん、季節を問わず、高温多湿な環境や発熱時、湿布、包帯、ギプス、絆創膏、衣類等が原因と考えられます。

あせものできやすい部位

汗をかきやすく、熱がこもりやすい場所や、皮膚がこすれて摩擦を起こしやすい場所によくできます。
首まわり・脇の下・ひざの裏・ひじの内側・背中・お腹・足の付け根などです。
又、男性はベルトのある腰回りもできやすいみたいですね。

あせもの種類

あせもには種類があり、以下の3つに分けられます。

・紅色汗疹(こうしょくかんしん)
一般的に“あせも”とよばれるものです。
小さい赤いブツブツができ、痒みがあります。

・水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
白いあせもとよばれ、直径1~3mm程の小さな水ぶくれが複数できます。
かゆみがない為自覚症状がなく、気づかないうちに自然に治っていることもあります。

・深在性汗疹(しんざいせいかんしん)
正常に汗を排出できなくなった皮膚が盛り上がります。
かゆみや赤みはありませんが、患部にたまった熱が体内に広がり、熱中症、めまい、動悸等を引き起こすことがあります。

あせもの予防方法

室内にいる場合は、なるべくエアコンを使いましょう。
そして、汗をかいたらそのままにしておかずに、清潔を保つことが大切です。
しかし、頻繁にシャワーを浴びるのは難しいですよね。
まずは、こまめに汗を拭きましょう。

乾いたタオルよりも濡れたタオルで拭いた方が皮脂腺が開いて汚れが落ちやすくなりますよ。
市販の汗拭きシートを使ってもよいですが、皮膚に炎症がある場合は、香料やパウダーなどが刺激になってしまいますので注意が必要です。
又、吸湿性が良く汗をかいても乾きやすい素材の衣類を選ぶことも大切です。
最近は新素材を使った高機能な下着なども売っていますので試してみてはいかがでしょうか。

あせもの治療方法

紅色汗疹や深在性汗疹は、ステロイド剤での治療が一般的です。
又、患部をかきこわしてしまい、伝染性膿痂疹(とびひ)と呼ばれる病変になってしまうこともあります。
この病気は、皮膚に細菌感染を起こして発症し、周囲の人に移る可能性がある為、抗生剤による治療が必要です。
たかがあせもと侮らず、まずは皮膚科にかかりましょう。

大人は子どもよりも傷跡が残りやすいので、色素沈着になってしまう可能性もあります。
そうならない為にも早めの受診をおすすめします。

あせもの治療や、傷痕による色素沈着のご相談はタカナシクリニックまで (^_^)/

 

2018年8月23日 / カテゴリー:スタッフブログ, 保険診療, 皮膚科

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら