TOP > 鼻下の長さに悩んでいる方は「鼻下短縮」~手術方法・術後の痛み・ダウンタイムなど

鼻下の長さに悩んでいる方は「鼻下短縮」~手術方法・術後の痛み・ダウンタイムなど

こんにちは(*’ω’*)
今日はクマックマの知人で、鼻下短縮の手術をした方がいるので、その方の協力も得て、鼻下短縮がどんな手術なのか紹介したいと思います!

美人は鼻下の長さも違う!

「ある女優さんの顔が好きで高梨先生に相談したら、自分の鼻の下が長いんだよって言われてビックリしました。」と話す知人。
実際にその方の顔のバランスを見ると、鼻下の長さが、20mmありました。
一方、実測ではないですが、女優さんは17?18?mm位に見え、なるほど!と思ったそうです。

鼻下の長さのゴールデンバランスは20mm以下が良い!?

一般的な鼻下の長さは15~20mmと言われています。
加齢に伴い、この鼻下は長くなると言われています。
それは、口輪筋を始めとする、筋層及び、皮下脂肪層の萎縮によるもの。
すると、鼻下から唇にかけての縦じわである、パロー溝(梅干しジワともいう)が目立つようになります。
また、くちびるも内反し、萎縮が著明になります。

鼻下が長いのに悩んでるなら『鼻下(人中)短縮術』

鼻下が長いと、何となく間が抜けて見える気がしますよね。
おサルさん系の顔に見られてしまったり・・・。
そこでおススメの治療が鼻下(人中)短縮術です。

鼻下短縮とは、鼻のすぐ下をコウモリ型にカットし、縫い縮める手術です。
実際のマーキングがこちら↓

経過の写真は、ここには載せていませんが、気になる方は院内での閲覧は可能ですので、スタッフに声をかけてください(*’ω’*)

関連施術
鼻下(人中)短縮術

術後の痛みやダウンタイムについて

手術後の痛みはほとんどの人が気にならない位と言います。
部位としても、あまり筋肉の動きが多いところではないからですかね。
また、主なダウンタイムとしては抜糸するまでの一週間です。
抜糸するまでの間は、腫れを抑えるためにテーピングをしますので、マスクで隠せる時期の方がおススメです。

抜糸が済むまでの間は、顔が洗えません。
脂性やニキビが出来やすい方は、固定のテープが浮きやすく、また、その部分がニキビになってしまうことがあります。
心配な場合は、2~3日目あたりで一度消毒とテープの張替えに来られると、そういったリスクが減ります。

抜糸してからは洗顔、お化粧が可能です。
傷跡は見えにくい場所ですし、すっぴんでなければ意外と気にならないそうですよ。
ただ、笑った顔は少し不自然に見えるかもしれないとのこと。
それは、笑った時に鼻の下の筋肉が縮まない為、苦笑いしているように思われてしまうかもしれません。

鼻下の長さのが気になる方もバランスが知りたい方も、まずはカウンセリングを!

ある女優さんのようになりたい!でも、どこを変えると良いか分からないという方!
タカナシクリニックでは、ざっくり綺麗になりたいという方に、顔全体のバランスをみて、その方に向いている施術をカウンセリングしています。
カウンセリングだけしてみたい!という方も大丈夫です。
まずはタカナシクリニックで、お気軽にカウンセリングを受けてみませんか?

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら