TOP > 【保険適用】長年悩んでいたあざをレーザー治療で除去★太田母斑治療法&前後比較写真

【保険適用】長年悩んでいたあざをレーザー治療で除去★太田母斑治療法&前後比較写真

立春も過ぎて、日中はぽかぽか陽気の日もあり、春が近づいてきていますね。
しかし、朝晩はまだ寒さもあり、寒暖の差で体調を崩したりしていませんか?
私は毎日天気予報をチェックして、何を着ていくか悩んでいます。

私の話はさておき、今回はあざについてお話ししたいと思います。
来院されるときはいつもきれいにお化粧をされていたので、スタッフ全員が全く気が付いてなかったのですが
ある日スッピンでいらした日があり右頬のあざに気が付きました。


レーザー照射前

ご本人は生まれた時からあり、高校生の頃から色が濃くなってきたそうです。
あざの状態から太田母斑と診断されました。
あざを隠すのにコンシーラーを3度位重ねて使用し、その部分が浮かないように顔全体のお化粧も濃くしなくてはいけなかったそうです。
レーザー治療で、保険がききますと伝えたところ、保険がきくならやってみようかなということになり、治療を開始しました。

太田母斑とは

メラニンの基底層への沈着と真皮のメラノサイトの増殖からなるものです。
額、目の周り、頬、などに生じる青あざで約半数に眼球にもみられます。(眼球メラノーシスという)


通常顔の片側に生じ、両側性は稀です。
東洋人の女性に多くみられ男女比率は1:5程度で、出生時もしくは思春期頃から生じることが多いです。
悪性化はないですが、自然に消えることもありません。

治療方法

Qスイッチレーザー(ルビーレーザーやアレキサンドライトレーザー)
1回での完治は難しく、数回の照射が必要です。
1回目のレーザー照射後一時的に濃くなる場合がありますが、2回目以降は確実に薄くなります。

この方は、1回目照射後から効果がみられ薄くなってきました。
仕事をしている方の為、長期休みが取れる時期に治療をしていました。
4回目前の写真では、ほとんどあざが分からない位になっていると思います。
3か月以上は間隔をあけて治療し、5回までは保険が適応されます。


レーザー照射2回後


 
レーザー照射4回後


ご本人もお化粧が楽になったと喜んでいらっしゃいました。

治療後の注意

1週間は軟膏とテープ保護が必要です。
洗顔、入浴時もなるべくテープが濡れないようにし、洗顔、入浴後にご自身で軟膏テープを張り替えていただきます。
照射部分がかさぶたになる場合がありますが、無理には剥がさず1週間後に受診してください。
レーザー照射後3か月は色素沈着を予防する為THクリームの使用をお勧めしています。

もし、気になるあざがある方、しみかあざかどちらか分からないという方は、タカナシクリニックに相談にきてみませんか。

 

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら