TOP > Qスイッチレーザー治療でそばかすの長年の悩みを卒業!憧れの美肌へ♡(施術経過写真あり)

Qスイッチレーザー治療でそばかすの長年の悩みを卒業!憧れの美肌へ♡(施術経過写真あり)

3月に入り、卒業シーズン。
新しい環境に変わる人が多い時期ですね。
春休みを利用してダウンタイムのある施術を考える人も多いです。
今回は、長年子供のころから付き合ってきた”そばかす”を卒業する症例紹介をしていきたいと思います。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは、薄い茶色や黒褐色の斑点で、いわゆるシミ(老人性色素斑)に比べてひとつひとつの斑点が細かく、主に鼻やその周囲の頬などの顔に現れることが多いですが、腕などの体に出る場合もあります。
また、色白の人、特にブロンドや赤毛の人や白人に多く、遺伝的な要素が大きく、常染色体優性遺伝で家族内発生があります。
そして、老人性色素斑は40歳前後に出現するのに対し、雀卵斑は、10歳前後から思春期に現れ、思春期を過ぎると薄くなっていくのが特徴です。
大人になっても薄くならなかった人には、レーザー治療という方法があります。

<施術前>

雀卵斑には、Qスイッチレーザー治療が効く!

Qスイッチレーザーは、シミの種類によっては効果があるものとないものがあります。
先にも述べたシミには効果があります。
そして、特に雀卵斑には、とっても有効です。
しかし、扁平母斑や肝斑には効果があまりなかったり、逆に濃くなったりしますので、きちんと診断してもらうことが大切です。

レーザー治療経過 

レーザー治療当日は、赤くふやけた状態で、2~3日でかさぶたが完成します。
このかさぶたは、分厚いかさぶたではなく、しみが濃くなったような薄いかさぶたです。
毎日のケアは、やけどの治療と同じで、7日間は、軟膏を塗ってテープで保護します。
この期間は顔がテープだらけですので、マスクをしないと外出できません。
治療をする日は、計画的にしたいですね。

<施術後7日目>


これがかさぶたです。
これが剥がれると洗顔・お化粧が出来るようになります。

<かさぶたが剥がれた後>


大切なのは、THクリームとUVケア

かさぶたがとれたら終わりではありません。
ここからが大事なのです。
普段のスキンケアに美白クリーム(当院処方のTHクリーム)を追加してもらうことと、日焼けをしないようにUVカットに気を使ってもらうことです。
このアフターケアをしっかりやっていくことで色ムラは取れていきますので安心してくださいね。
アフターケアを3か月続けてやっと1回目のレーザー治療の評価です。
一度で取れなかった部位は、再照射になります。

同じようなお悩みをお持ちの方、今回のようなQスイッチレーザー以外にも、レーザーフェイシャルフォトフェイシャルなど、ライフスタイルや予算に合わせてできます。
詳しいご相談は、タカナシクリニックまでお問い合わせください。

2019年3月29日 追記 症例写真追加

 

 

 

 

 

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら