TOP > 今が凄く強い紫外線!日焼けのメカニズムと日焼け後の対処法

今が凄く強い紫外線!日焼けのメカニズムと日焼け後の対処法

こんにちは(^_^)

記録的な猛暑が続いていますね。
ニュースを見ていると、熱中症で搬送される方が続出しているようです。
水分補給をこまめに行い、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

また、当院では夏になると日焼けが原因で皮膚が真っ赤に腫れあがったり、水ぶくれができてしまったり・・といった患者様が急増します。
そこで、今日は日焼けのメカニズムと日焼け後の対処法についてお話させていただきます。

日焼けのメカニズム

日焼けの原因はご存じの通り、紫外線です。
紫外線には、UVA波・UVB波・UVC波の3種類があります。
UVCは地表には届いていない為、害はありません。

地表に届く紫外線の約9割を占めているのがUVAです。
UVAはそれ自体のエネルギーは弱いですが、照射量が多くは波長が長いため、浸透力が高く真皮層まで到達します。
そのため、UVAを浴びた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。
また、雲や窓ガラスを通り越して届くので、うっかり日焼けの原因でもあります。

UVBは、地表に届く紫外線の約1割を占めています。
波長は短いため真皮までは浸透しませんが、UVAより強いエネルギーを持つため、表皮の細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミやソバカスの原因にもなります。

関連記事:「 たかが日焼けと侮るなかれ!シミやしわの原因にもなる日焼けのお話」

日焼け後の対処法

強い紫外線を数時間浴びると、皮膚に赤みや水疱が現れます。
これは、先にも述べたUVBによる表皮の損傷が原因です。
やけどと同じ状態ですので、まずは患部を氷や保冷剤で冷やしましょう。
それでも赤みが引かなかったり、水疱がある場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。
適切な処置が遅れてしまうと、治りが遅くなったり、傷痕が残ってしまう可能性があります。
また、シミや色素沈着ができてしまう原因でもあります。

今が1年で最も紫外線が多い時期ですので、まずは日焼け対策をしっかりと行いましょう。
当院では日焼け後の処置(保険診療)はもちろん、日焼けが原因でできてしまったシミやシワ、色素沈着(自費診療)にも対応しております。

ご相談はタカナシクリニック新宿まで☆

関連記事:「 老化の原因は紫外線!~当院でできる日焼け予防と日焼け後の対処法~」

     「 飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケア』で万全な紫外線対策をしましょう!」

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら