TOP > 低い鼻の改善方法~ヒアルロン酸・鼻尖縮小・プロテーゼ

低い鼻の改善方法~ヒアルロン酸・鼻尖縮小・プロテーゼ

前回は、改善したいという希望がよくでる鼻のタイプをあげてみました。 今回からは、タイプ別にどのような改善策があるのかを追って紹介しようと思っています。 ①低い鼻 低い鼻を改善したいのであれば、ヒアルロン酸注射・プロテーゼ・鼻尖縮小・耳介軟骨移植等があります。   ヒアルロン酸注射 日本人は白人に比べ、頭がい骨全体が前後方向に押しつぶされている骨格が多く(イラスト*1参照)、平面で額に丸みがなく鼻の付け根も低いという特徴があります。 顔 正面から見ると鼻が短く三角形△に見えるのは、鼻根部が低いことによるものです。 鼻が低いという悩みは鼻根部にヒアルロン酸注射する事で、改善されることが多いです。 しかし、鼻全体を高くしようとヒアルロン酸を鼻尖部まで注入すると鼻尖部が丸く大きくなってしまいます。 その為、鼻尖部を高くする場合は手術が必要です。   プロテーゼ プロテーゼはシリコンで出来ており、軟骨に比べボリュームがあり、鼻筋、鼻尖に高さをだせることがメリットです。 しかし、あくまで人工物なので下記のデメリットがあります。 〇血行がなくなり、皮膚が薄くなる。 最悪の場合、プロテーゼが外に飛び出すことがあります。一度皮膚に穴があいてしまうと修復は難しく、皮膚が薄くなってきたら、プロテーゼを取り出す必要があります。 〇プロテーゼがズレる。 〇鼻が大きくなりすぎ、男顔に近づく。 〇鼻の皮膚のテンションが強いとアップノーズ(鼻尖が上向き、前から鼻の穴が良く見える鼻。)になりすぎる。 〇鼻根部は高く出来ない。又、プロテーゼとの段差が気になることもある。 以上のように、プロテーゼ希望される方は、デメリットを良く理解し、手術を決断する必要があります。   鼻尖縮小・耳介軟骨移植 プロテーゼのような事態を避けるため、代わりに自分の軟骨を使う鼻尖縮小や、耳介軟骨移植という手術があります。 自分の組織であるため、血行がなくなることはなく、皮膚が薄くなることもありません。 鼻尖縮小は大鼻翼軟骨の一部を切り出し鼻尖部の高さをつくるのですが、高さが足りない場合は、耳介軟骨を移植します。 以上、これらの手術は、鼻尖に高さを出す事が出来ますが、鼻根部に軟骨を入れる事は不可能な為、鼻根部を高くしたい場合はヒアルロン酸注射と併用する必要があります。 次回は、段鼻・鷲鼻・曲がった鼻の改善方法の改善策を見ていきましょう。

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら