TOP > 女性に必要な栄養素、イソフラボンの欠点

女性に必要な栄養素、イソフラボンの欠点

随分昔から健康にいいと言われる物って沢山ありますよね? でも、なにが何にいいのかってよく分からないのが、正直なところ。 例えばポリフェノール。。。 他にもイソフラボンとか。 なんかよく聞くし、体にはいいんだろうとは思うけど、結局何に良いかまではまでは分からない。 たまたま、知っちゃいましたよ♪ だから、皆さんにもお伝えしますね。 イソフラボンの秘密。   そもそも、イソフラボンってどんな食品に入っているか知っていますか? 日本人にはとても馴染み深い食品ですよ? 正解は、『大豆』です。 食卓でよく見かける、納豆や豆腐ですね。 他にも厚揚げとか、油揚げとか大豆は和食の定番食品です。   大豆を摂取すると、大豆に含まれるイソフラボンの成分のひとつ、ダイゼインという成分が、腸内細菌によって代謝されます! ダイゼインは代謝されると『エクオール』という成分に作り替えられるそうです。 実はこの『エクオール』、エストロゲンに近い働きをする成分として今注目を浴びているんですって! もともと、イソフラボンはエストロゲンに似た働きをするとして、注目を浴びていたそう。 しかし、最近ではその中でも、この『エクオール』という成分が特化して、更年期症状の改善や骨密度の低下抑制、血管拡張作用によってしわも改善するとか・・・。 女性にとっては気になりますよね?   でも、欠点があるんです。 それは、誰でもこの『エクオール』を産生する腸内細菌を持っているとは限らないこと。 そして、出来たとしても、ほぼ数日で体外に排出されてしまうという事です。   健康を意識して、食生活を気を付けることはとても大切です。 私の様になんとなく・・・では意味がないんです。 見た目がきれいでも、いつもイライラして、骨はスカスカ、でも困りますよね。 そのためには、何かで補っていく必要があります。   大豆製品は日本人にとって親シミ深い食品。 でも毎日続けていくのは大変ですよね? また、大豆製品がそんなに得意ではないって方もいらっしゃいますよね? そんな時、プラセンタという選択肢もありますよ。 エストロゲン作用ではありませんが、身体に必要な多くの栄養を含み、更年期障害にも効果的なプラセンタ。 病院に行ける日は病院で注射して、行けない日は食事やサプリで補う。 そんな風に、自分のライフスタイルに合わせて、プラセンタも活用してみません
2015年10月16日 / カテゴリー:スタッフブログ

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら