TOP > 自然感染に似せた次世代インフルエンザワクチン

自然感染に似せた次世代インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン、入荷しました! 先日もお話しましたが、4価ワクチンに増えたことで価格変更しています。 当院では1回目4320円、2回目は3240円です。 予約も受付中です(*^_^*)   さて、今日は最近少しずつ流行り始めたインフルエンザ。 そろそろワクチン接種しなくちゃなんて思い始める人も多いのではないでしょうか。 そんな中、話題になってきている経鼻ワクチン。 日本ではまだ未承認で、当院にも置いていないのですが、折角なので(*^_^*) 今日は経鼻ワクチンってどんなものか、という事について触れてみましょう。   インフルエンザワクチンにも、不活化ワクチンと生ワクチンがあるのをご存知ですか? 生ワクチンとは、生きた細菌やウィルスの毒性を弱めたものを体内に入れることによって、その病気にかかった場合と同じような状態を作り、抵抗力(=免疫力)を作るものです。 一方、不活化ワクチンは、細菌やウィルスを殺して毒性をなくしたものから、抵抗力(=免疫)をつけるのに必要な成分を取り出して、ワクチンにしたものです。   全般的に生ワクチンは、毒性を弱められた細菌やウイルスが、体内で増殖していくことで免疫を高めます。 接種の回数は少なくて済みますが、十分な免疫ができるまで約1か月ほどかかります。 一方、不活化ワクチンは、体内で細菌やウイルスは増殖しないため、十分な免疫力ををつけるために複数回の接種が必要なものが多いです。 インフルエンザワクチンも効果は4ヶ月程度と言われており、流行もあるので、毎年接種が必要です。   さてさて、本題に戻りましょう。 経鼻ワクチンのポイントは、鼻から取り入れるという所なんです! インフルエンザはもともと飛沫感染といって、人の咳やくしゃみなどの飛沫したものを通じ、自分の鼻・口から喉といった上気道から感染します。 すると体内ではそのウィルスをやっつけるために、粘膜からIgA抗体というのが分泌されます。 そこに着目! 粘膜から抗体が分泌されるのが始まりなのだから、そこに軽い感染を起こして抗体を作ってしまえばいい!という事になったわけです。 感染経路の一番始めの部分にまず攻撃用の装備を与える、何とも合理的ですよね。

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら