TOP > 経鼻ワクチンVS皮下注射ワクチン 

経鼻ワクチンVS皮下注射ワクチン 

前回のお話では、経鼻ワクチンってどんなものかという事をお話ししました。 前回の話を聞くと、私も経鼻ワクチンしたい!なんて思う人も多いかな? でも、もう少し私の話を聞いてくださいな。   経鼻ワクチンが注目を浴びている訳である、交叉防御能のことも説明しないと! インフルエンザウィルスが体内に入ってくると、鼻や喉などの上気道に付着します。 すると、異物を察知し、粘膜から分泌型IgA抗体が分泌され、その刺激を受けて血液中のIgG抗体が増加します。 そしてウィルスを攻撃します。 一般的なインフルエンザワクチンは、血液中のIgG抗体を作るもの。 でも、経鼻ワクチンはその一歩前の分泌IgA抗体を生成するのです。 もう決まった型しか攻撃できないIgGとは異なり、変化したウィルスにも対応出来るというのが交叉防御能という事です。 すごい機能ですよね! 一般的なインフルエンザワクチンは、流行するであろう型を決めてから、製品生成までの期間が半年はかかるんです。 だからワクチンと合っていない型だと早期に分かったとしても、すぐ対応できないのが現状。 でも、自分で対応できる能力(交叉防御能)があれば、新型ウィルスだって怖くないですよね。 それを可能にしようとしているのが、経鼻ワクチンなんです。   ただし、ヒトの場合は今のところ効果がいいとは言えないのが現状のようですね。 昨シーズン(2013~2014年)の大流行時には、ほとんど効果が見られず、香港型インフルエンザにも効果はイマイチだったようです。   また、一番そのワクチンを使用したい、重症化しやすい乳幼児や高齢者にも使えないという難点もあります。 日本で承認され使用できるようになるのは、もう少し先の話かもしれませんね。   現在、経鼻ワクチンを取り入れている病院もあるようですが、当院では通年通り皮下注射ワクチンのみです。 何事もそうですが、何か治療を受ける上ではメリット・デメリットがありますよね。 だから、きちんと知って選択するという事が大切ですよ。 選択の幅が増えて、選択出来るという自由を与えられたわけですから、それを利用しない手はないですよね。   来年の今頃はどんなワクチン事情になっているか楽シミですね♪~

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら