TOP > 赤みがあるカサカサ肌、実は脂漏性皮膚炎かも!?(保険適応疾患)

赤みがあるカサカサ肌、実は脂漏性皮膚炎かも!?(保険適応疾患)

冬は、乾燥した日が続きますね(´・ω・`) 肌も乾燥しているのに、時にオイリーでべったりしたり、赤みが出たりしては、いざって時に困っちゃう(>_<) 日によって、調子が良かったり悪かったり…この季節だし乾燥かな? と、放っておいているそれ。 保湿だけでは治らないかもしれません。 カサカサだけではなく、赤みや、場合によっては、痒みや臭いが少しあるかもしれません。 もしかしたら、「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」と言われるものかもしれませんよ。   脂漏性皮膚炎は、皮脂腺が多く、皮脂の分泌の多い場所に起こりやすいです。 主に顔(特に皮脂の多いTゾーン、眉周り)や頭皮(特に髪の生え際)、ワキなどにも起こります。 過剰な皮脂分泌が基になった、常在菌に対するアレルギー反応が原因だとされています。 皮膚の常在菌には、マラセチア菌という真菌(カビ)があります。 マラセチア菌は皮脂を栄養源としている為、皮脂量が増えるとマラセチア菌も増殖します。 マラセチア菌が皮脂に含まれるトリグリセリドを分解して、遊離脂肪酸に変えてしまうことによる皮膚への刺激や、皮脂が酸化して過酸化脂質に変わることにより、炎症を起こしてしまう。 これが、脂漏性皮膚炎の発症原因とされています。   そして、皮脂分泌を増加させる原因としては、男性ホルモンが関係します。 男性ホルモンなら、乙女には関係ない♪なんてことはありません。 女性だろうと、なんらかのストレスがかかると、ホルモンバランスが崩れます。 ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になり、皮脂の分泌が過剰になります。   保険適用だって言われても、放っておきたくなる方もいますよね。 痒みがそんなに強くなく、皮が多少剥けるくらいなら、生活に困らない方もいますしね。 フケの様にポロポロ皮膚が落ちるくらい…それって、やっぱり嫌じゃないですか? 放っておくと、重症化して慢性化することもあります。 そして、自分に元からあるものに対するアレルギーなので、再発することもあります。 しかし、治療することで症状は改善されます。 早めの治療が大切ですよ♪   次回は、脂漏性皮膚炎で治療の為に処方される薬を紹介したいと思います(^ ^)

ブログ検索

New(最新記事)

Category(カテゴリー)

Info(クリニック案内)

  • 診療時間
  • 火~金曜日
    11:00~14:45
    15:45~19:30
  • 土曜日
    12:00~14:45
    15:45~19:30
  • 【休診日】
  • 日曜日・祝日・月曜日
  • 名称
  • 医療法人社団ソルジェンテ タカナシクリニック新宿
  • 所在地
  • 新宿区新宿4-3-15
  • レイフラット新宿2階
  • アクセス
  • JR 新宿駅 南口より、徒歩5分
  • JR 新南口より徒歩5分
  • 新宿三丁目 E7出口より徒歩1分
  • アクセス詳細はコチラ
  • お問合せ・ご予約はこちら
  • Tel. 03-5366-8920
  • Fax. 03-5366-8921
  • お問い合わせはこちら
  • カウンセリングご予約はこちら