TOP > 美容整形の症例一覧 > アラフォー女性のスレッドリフト(スライド動画)

アラフォー女性のスレッドリフト(スライド動画)

スレッドリフトで正面の頬部の重心を上げる

スレッドリフトが向いている部位

フェイスリフトは、顔の下1/3のボリュームを減らす効果と、輪郭をシャープに見せる効果があります。
この部分は、頬部側面のたるみの原因は下垂ではなく、皮膚の伸展による余剰が主体です。(上記イラストUnit4~水色の部分)
スレッドリフトでも、それと同様の効果をうたっているクリニックは多数あります。
実際は、ケバやコグと呼ばれるトゲの様なものが付いた糸で引き上げるスレッドリフトでは、面積を縮小できない為、持続的効果は期待できるものではありません。

しかし、スレッドリフトが向いている部位があります。
それは、顔の中間1/3で、頬部正面に見られるたるみの部分です。
ここは、頬部脂肪体及びSOOF(眼輪筋下脂肪体)が下垂することで、頬が縦長に見えて、法令線の上方1/3が目立つようになってきます。(上記イラストUnit3~紫色の部分)
スレッドリフトは、皮膚の移動そのものは困難ですが、こうした下垂した脂肪体の上方への移動は可能です。

フェイスリフトの施術後にスレッドリフト

今回の症例は40代になり、目立ってきた皮膚の余りを取るために、一昨年フェイスリフトを施行しています。
フェイスリフトにより輪郭はシャープになりましたが、30代から下がってきた正面の頬部の重心位置は変わっていないので、今回はスレッドリフトを行うことになりました。

スレッドリフトの術後の特徴

術直後は鼻翼の横の凹みが目立ちます。
これは局所麻酔を入れたことによるボリュームもありますが、術後の糸のつれや腫れによるものです。
症例の方の様に術後2日目には、内出血さえなければ、パッと見た時にあまり違和感のない方もいらっしゃいます。

その他に2週間目くらいまで、一番下に入っている糸のラインに凹みが目立つこともあります。
目立っている場合のみ、ヒアルロン酸注射によって修正を行います。
そうすることにより、馴染むまでの段差をぼやかすことが出来ます。

スレッドリフトの持続期間の目安

タカナシクリニックでは、スレッドリフトは2000年頃から行っています。その頃は効果の持続目安を5年位と説明していました。
それから20年弱経ちますが、長期経過した患者様を診た時に、例えば7年前や10年前と比べても効果が持続していると感じます。
スレッドは余剰皮膚があるたるみの部分(上記イラストUnit4~水色の部分)には、効果が少ないのに対して、頬の下垂のたるみ(上記イラストUnit3~紫色の部分)には、効果が高いと思います。