TOP > 薬品による施術 > 食欲抑制剤処方

食欲抑制剤処方

体重・肥満が気になる人に対して、マジンドールという食欲抑制剤薬を処方します。内服することで食欲中枢に作用し、食欲を抑える薬です。

体重を落としたい方、食欲をコントロールして痩せたい方におすすめです。

「作用」と「副作用」について

作用

  • 内服後5~8時間後に効果を発揮し、食べたくないと思わせる薬。
  • BMI35以上の人は保険が適応されます。

副作用

  • 口渇(ほとんどの人に出現するも気になる人はいない)
  • 不眠
  • アレルギー症状
  • 依存症
  • 肺高血圧症(長期内服により危険性増加)

禁忌

  • 本剤の過敏症がある方。
  • 緑内障(眼圧上昇)
  • 重症高血圧症(カテコールアミンの上昇作用を増強)
  • 不安・抑うつ・異常興奮状態・統合失調症等の精神障害(症状悪化の恐れ)

「内服方法」と「服用期間」について

内服方法

  • 食べ過ぎないようにしたい時間から大体5~6時間前を目安に内服。
  • 1日に1回1錠が基本投与だが、効きが悪いと感じてきた場合に2錠に増量可。

服用期間

  • 2~3ヶ月
  • 3ヶ月以降は中枢に効くクスリであり、長期内服することで効果が減退する。また、依存性や肺高血圧症のリスク、その他副作用の増強のリスクあり。

併用注意

  • 糖尿病治療薬(必要量が変化する可能性あり)
  • アルコール(副作用の増強)
  • 甲状腺ホルモン(中枢神経系刺激作用の増強)
  • 中枢神経刺激薬(幻覚・睡眠障害等の増強)

料金

食欲抑制剤(1錠)¥500
※ 症状次第で保険適用あり
※ その他の薬品(吸収抑制剤・食欲抑制剤)の取扱いあり

人気ブログ

薬品・器具に関する他の施術メニュー