TOP > 薬品による施術 > ボトックス注射 > 咽頭口蓋腔(いびき)ボトックス注射

咽頭口蓋腔(いびき)ボトックス注射

いびきの原因の一つである軟口蓋腔が狭いために起こるいびきに対し、A型ボツリヌス毒素を注射することで、いびきを軽減する効果があります。

いびきを治したい方で、手術に対して不安がある方におすすめの施術です。

症状と注射部位

喉の筋肉に注射し筋肉を委縮させることで、空洞が広がり、いびきを改善できます。

また、気道が広くなるため声が通りやすくなるといった効果もあります。(効果を持続させるためには、3~6ヶ月に1回の継続治療が必要になります。)

症状と注射部位注意する点
いびきをかく(口蓋咽頭筋・口蓋舌筋) 効果が得られない基礎疾患などがある場合、改善は見込めません。(下記『ボトックス注射では効果が得られない人』参照)

ボトックス注射では効果が得られない人

  • 鼻腔内の閉塞が起こる疾患がある方。 (アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・蓄膿症・鼻中隔弯曲症等の疾患がある場合、この術式では改善できず、鼻の治療も必要である。)
  • 扁桃腺肥大がある方。
  • 肥満の方。(首回りについた脂肪によって気道が閉塞してしまっている場合、この手術では改善できない為。 (首回りについた脂肪によって気道が閉塞してしまっている場合、この手術では改善できない為)。
  • 心疾患・高血圧などの疾患がある方。

いびきボトックスの施術手順

  1. イソジンガーグルでうがいをする。
  2. 口腔内に麻酔を含み10分待つ。
  3. 軟口蓋にボトックス注射をする。

施術内容の詳細

施術時間約15分
通院効果が弱い場合、7日後から14日以内

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さなし
腫れなし
洗顔当日から可能
化粧当日から可能
シャワー当日から可能
入浴当日から可能
運動当日から可能
飲酒当日から可能
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

咽頭口蓋腔(いびき)¥51,000

※ 麻酔代込み

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③麻酔クリームご希望の方は別途麻酔代がかかります。
  • ④施行後の状態により別途薬代がかかる場合があります。

ボトックスに関するよくある質問

いびきは完全に治りますか?

個人差はありますが、ほとんどの方はいびきは軽減します。

睡眠時無呼吸症候群についても多くの場合は、改善みられます。

ただ、肥満の方はいびきをかきやすくなりますので、体重が極端に増加した場合、再発する可能性はございます。

いびきの治療は1回で終わりますか?

ボトックスの場合、症状に合わせて、継続的な治療が必要になります。 軟口蓋形成手術の場合、基本的には1回の治療で終了します。

効果はどの位で現れますか?

3日頃から出始め、1週間位するとしっかり効果が現れます。

ボトックスは診察当日に行うことが出来ますか?

当日の施術も可能です。

診察の込み具合によってはお断りさせていただく場合もございます。

当日の施術をご希望の場合は、あらかじめカウンセリングと施術をご予約下さい。

ボトックスの副作用はありますか?

痛みや内出血が一般的ですが、稀に軽い頭痛を感じる方もいます。

ただ頭痛は毒素によるものではなく、注射による一過性のものですので心配はありません。

妊娠中でも打てますか?

妊娠の可能性がある方、妊娠されている方は安全性の確立がされてはいませんので、当院ではお断りさせていただいています。

人気ブログ

薬品・器具に関する他の施術メニュー