陥没乳頭

もともと先天的に陥没している、または乳腺炎を起こした事で、瘢痕化し陥没した乳頭を形成します。

陥没した乳頭をなおしたい方におすすめの施術です。

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • 陥没を改善したい方。
  • 乳頭が陥没していることで、授乳がうまく出来ない方。

向いていない方

  • 特になし

「利点」と「欠点」について

利点

  • 乳頭が出ることで、乳児が吸い付きやすくなる。
  • もともと色素があり、平坦な部位ではないので、傷は分かりにくい。

欠点

  • 皮膚を成長させる為に搾乳機を使い、セルフケアを行う必要がある。
  • 重度の陥没拘縮が強い場合、1回の手術では突出が不十分な場合がある。 (乳頭の奥に拘縮がある場合、拘縮を取る手術を行い、陥没を改善し、乳頭を平らな状態にする。皮膚が成長したら2回目の手術で形を作る。一度の手術で無理に行うと傷が長く残る可能性がある。)

陥没乳頭形成術の施術方法

  1. 点滴をする。
  2. 消毒し、注射の麻酔をする。
  3. 皮膚を切開する。
  4. 線維化や瘢痕化している部分を切り離す。
  5. 皮膚を縫合する。
  6. 必要に応じて乳頭が引き込まれないようにピンで固定する。

施術内容の詳細

手術時間約60分
ダウンタイム1週間程度
抜糸1週間
術後の通院1週間(抜糸)
1ヶ月
3ヶ月

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さもともと色素が濃い部分の為赤みは分からない。
硬さは3~6ヶ月で徐々に取れていく。
腫れ乳頭部が大きく見えるが、3ヶ月かけて小さくなる。
洗顔当日から可能
化粧当日から可能
シャワー翌日から可能(傷を濡らさないようにすれば)
入浴1週間後から可能
運動1週間後から可能
その他セルフケアとして搾乳器を使用し、乳頭部の圧出をする必要がある。
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

陥没乳頭形成術¥160,000
※ 症状次第で保険適応あり
※その他範囲により応相談
※麻酔・薬代は別途かかります。

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③手術において、静脈麻酔代・薬代除くと記載がないものに関しては、基本料金に込みの価格です。通常の静脈麻酔では効きが悪い方は¥50,000の麻酔を追加する場合があります。
  • ④案内以外の施術も診察次第でご提案させて頂きます。お気軽にご相談下さい。