眼瞼下垂症手術

先天性によるもの、あるいは加齢や長期コンタクトレンズ使用によりまぶたを持ち上げる力が弱くなり、まぶたが重く目を開けづらい方や、目の上のたるみにより目を開けづらくなり、無意識のうちに額の筋肉で眉毛を上げ目を開けようとするために、額にシワが増えた方におすすめの手術です。
術後は二重になります。

程度によっては保険適用の場合もあります。

関連症例:目や鼻などのパーツ修正と加齢による症状を改善(眼瞼下垂症手術)

※施術前後の写真は、保健所の指導に基づき掲載しています。

保険適用について

保険適用の人

  • 額の筋肉(前頭筋)を使わずに目を開いたときに、上まぶた(上眼瞼)の皮膚が瞳孔(どうこう)にかぶさり、視野が狭くなっている方。

保険適用外の方

  • 眼瞼下垂はあるものの軽度であり、上まぶた(上眼瞼)の皮膚が瞳孔(どうこう)までかぶさっていない方。

眼瞼下垂症手術の施術方法

  1. マーキング後、表面麻酔の点眼をする。
  2. 消毒し、注射の麻酔をする。
  3. 皮膚を切開し、余分な皮膚・眼輪筋・脂肪を切除する。
  4. 眼瞼挙筋を短縮する。
  5. 皮膚を縫合する。

施術内容の詳細

手術時間約40分
ダウンタイム14日前後
抜糸7日目
術後の通院1週間後(抜糸)
1・3ヶ月後

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さ3~6ヶ月
腫れ強い腫れが2~3日目で100%とすると、1週間で50%、2週間で25~30%に落ち着き、この位になると内出血痕も薄くなる。(個人差がかなりあり。)
その後の腫れは2~3ヶ月かけてなくなっていく。
洗顔抜糸してから可能(傷を濡らさなければ目の周り以外は可)
化粧抜糸してから可能(目の周り以外は可)
シャワー傷を濡らさないようにすれば当日から可能
入浴1週間後から可能
運動ウォーキング程度なら当日から可能。激しい運動は1週間後から可。
その他コンタクトは使用可能だが、腫れにより入れにくいことあり。挙筋短縮後は、ハードコンタクトではなく、ソフトコンタクトに変更する方が望ましい。
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

眼瞼下垂症手術(保険診療・3割負担の場合)約¥45,000~(両目)
約¥21,600~(片目)
眼瞼下垂症手術(自由診療の場合)¥250,000(両目)
※症状次第で保険適応あり

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察料がかかります。
  • ③施術・手術後、患者様の状態により薬の内容が変更する事があり、それに伴い別途かかる薬の料金も変わる事もございます。
  • ④手術において、通常の静脈麻酔では効きが悪い方は「¥50,000」の麻酔を追加する場合があります。

症例別料金

症例
  • 52才 女性
  • 皮膚のたるみが気になる
  • 瞼が腫れぼったい
  • 二重の幅が狭くなった
麻酔
  • 局所麻酔
  • 希望により催眠・鎮静剤使用
手術内容
  • 余剰皮膚切除
  • 眼輪筋切除
  • 眼窩脂肪切除
  • 必要があれば挙筋短縮
その他
  • 内服(抗生物質・鎮痛剤・止血剤)
  • 軟膏
料金 250,000円
催眠・鎮静剤希望の場合+10,000円

人気ブログ

二重・目元に関する他の施術メニュー