眉下切開法

眉下部分の余剰皮膚を切除し、上まぶたのたるみをとります。たるみを取ることで、狭くなってしまった二重のラインを広くできます。また、目の開きやすさも改善します。

上まぶたのたるみを改善したい方にオススメの施術です。

タカナシクリニックの眉下切開の特徴

  1. デザイン

    紡錘形に切除するのが一般的ですが、その方のたるみの方向や量に合わせてデザインしていきます。

  2. 眼輪筋の固定

    切開のデザインだけでなく、内部の眼輪筋の固定の仕方などで目の開きやたるみの取れ方が変わってきます。目に合わせた固定方法をします。

「向いている人」と「向いていない人」について

向いている人

  • たるみの改善をしたい方。
  • 目尻側のたるみが気になる方。
  • 二重の幅などを目の印象を大きく変えずにたるみをとりたい方。
  • 余剰皮膚が原因で目が重い。視野狭窄がある方。(症状により保険適応あり)

向いていない人

  • 眉下に傷跡を作りたくない方

「利点」と「欠点」について

利点

  • 特に目尻側の余りがとれる。
  • 二重幅は変えない為、たるみがなかった時の目の印象に近づき、二重ラインが自然である。

欠点

  • 3~6か月の間は傷の赤みや傷の硬さが残る。
  • 眉下のラインに沿って、白い線上の傷が残る。

眉下切開の施術方法

  1. 先生と相談しラインを決め、マーキングする。
  2. 消毒し、注射の麻酔をする。
  3. 眉下の皮膚をマーキングに沿って切る。
  4. 余剰皮膚を切除する。
  5. 筋肉・皮膚を縫合する。

施術内容の詳細

手術時間約40分
タウンタイム7日前後
抜糸7日目
術後の通院1週間(抜糸)
1・3ヶ月

ダウンタイム詳細

傷の赤み3~6ヶ月
腫れ目の周りがむくんだ程度
洗顔抜糸してから可能(傷を濡らさなければ眉周り以外は可)
化粧抜糸してから可能(眉周り以外は可)
シャワー眉周りを濡らさないようにすれば当日から可能
入浴1週間後から可能
運動ウォーキング程度なら当日から可能。激しい運動は1週間後から可
その他
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

眉下切開法(両目)¥250,000
※ 静脈麻酔希望の方は別途¥10,000かかります。(両目)
※ 薬代込み

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③手術において、静脈麻酔代・薬代除くと記載がないものに関しては、基本料金に込みの価格です。通常の静脈麻酔では効きが悪い方は¥50,000の麻酔を追加する場合があります。
  • ④案内以外の施術も診察次第でご提案させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

人気ブログ

二重・目元に関する他の施術メニュー