TOP > 施術メニュー一覧 > にきび・にきびあとの施術・治療 > PDT(フォトダイナミックセラピー)治療

PDT(フォトダイナミックセラピー)治療

δーアミノレブリン酸を内服し、皮脂腺や毛包に集積する物質(ポルフィリンという光感受性物質)を大量に発生させ、可視光線をあてることで活性酵素が発生し、皮脂腺と毛包を壊す治療です。

それにより、皮脂の分泌が減少し、また、熱によっても殺菌されるため、炎症性のにきびにも効果があります。顔はもちろんのこと、身体にも照射可能です。

にきびを治したい方におすすめの施術です。

「向いている方」と「向いていない方」について

向いている方

  • 脂性肌の方。
  • にきびが繰り返しでき、治らない方。
  • 顔や首に、にきびができやすい方。
  • 胸や背中、おしりに、にきびができやすい方。
  • 皮脂による化粧崩れが気になる方。

向いていない方

  • 日光過敏症の方。
  • 頭部などの、毛が生えている部分に、にきびができやすい方。(毛が抜けては困る部位への照射は、脱毛の恐れがあるため。)
  • 妊娠中の方。(内服薬が胎児への影響が懸念されるため。)

「利点」と「欠点」について

利点

  • 大きくなった皮脂腺を壊してしまうのでにきびが出来にくくなる。
  • 脂性肌が改善され、化粧崩れがしにくくなる。

欠点

  • 内服した薬の効果が出ることもあるので、照射前後は日に当たらないようにする必要がある。(特に照射前に日光に当たると反応し、レーザーの効果が十分に発揮できない可能性がある)
  • 照射後、それまで溜まっていた皮脂が一度に排出されるために、一時的ににきびが悪化する場合がある。(一時的なものなので、抗生剤等で落ち着かせることが出来る。)
  • δーアミノレブリン酸内服による胸やけや吐き気等、気分不快症状が出る場合がある。

PDT(フォトダイナミックセラピー)治療の施術方法

  1. 照射4時間前にδ―アミノレブリン酸を内服する。(希望に応じて吐き気止めも内服。)
  2. にきびが多い場合、面圧をする。
  3. 可視光線を照射する。
  4. クーリングする。

施術内容の詳細

施術時間1部位
約20分
ダウンタイム2~3日前後
術後の通院にきび悪化時
1週間後面圧

ダウンタイム詳細

傷の赤み・硬さ2~3日赤み
腫れ2~3日赤みと共に日焼け後のような腫れが出ることもある
洗顔当日から可能
化粧当日から可能
シャワー当日から可能
入浴当日から可能
運動当日から可能
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

PDT(フォトダイナミックセラピー)¥40,000
※ 施術後の状態により別途薬代¥870かかります。

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③麻酔クリームご希望の方は別途麻酔代がかかります。
  • ④施行後の状態により別途薬代がかかる場合があります。

にきび治療に関するよくある質問

にきびがなかなか治りません。どのような治療法がありますか?

にきびの原因として、下記がが主なものとしてあげられます。

① 皮脂の分泌量の増加(ストレスなどによる心因性のものや、ホルモンバランスの崩れなど原因は様々あります)
② 皮膚のターンオーバー不全

その結果、皮脂の排出が滞り、酸化して炎症が発生。症状が悪化します。

にきびとひとくちにいっても、白にきび、炎症性のにきび、膿んだにきびと種類も複数あります。それぞれ必要とされる治療が異なります。お肌の状態を診察させていただいたうえ、根本的な治療を行い、にきびができにくい肌状態にしていきます。

保険診療で行う場合には、内服、外用、もしくは詰まった角栓を出す方法があります。

外用の場合、角質を薄くしてターンオーバーを正常化し、色素沈着の原因、メラニン色素の活性を抑制するクリームをおすすめしています。

保険診療で行うかどうかは、肌状態を診察後、担当医師とご相談ください。

PDT(フォトダイナミックセラピー)治療をすれば、にきびが出来なくなりますか?

はい。出来にくくなると思われます。

PDT治療とは光治療の一種です。一時的に皮脂腺の活動を抑え、新しいにきびができない期間を作ります。

その間に、すでにできているにきびやにきび跡の治療を行い、にきびのできにくい肌へ導きます。数回繰り返していくことで、良い状態を維持することが出来ます。

ピーリングでにきびが治ると聞いたのですが…

ピーリングはにきびの早期改善に繋がると考えられますが、必ずしもにきび治療に必要なものではありません。

基本的にピーリングは、角質を柔らかくし、毛穴に詰まった角栓を取り出しやすくすることや、弱い酸の刺激で皮膚の活性化と、ターンオーバーの正常化を促すことを目的としています。にきびを早く治したい、という場合に、内服、外用などの保険治療とともに並行して行う場合があります。

にきび跡をキレイにしたいのですが、方法を教えてください。

肌表面の凸凹を改善したい場合は、凸の部分を凹の部分に近づける治療が必要です。

効果的な方法としては、TCAのようなディープピーリングか、レーザーで軽く削る方法があげられます。

どちらも施術後1週間かさぶたとなり、そのかさぶたが剥がれたあとも2~3ヶ月は赤みがのこる可能性があります。

その間は、美白剤ハイドロキノンと肌の再生を活性化するレチノイドのクリーム(THクリーム)を使用していただき、色素沈着を予防します。その後赤みは消えていきます。