ラジオ波(高周波)たるみ・リフトアップ治療

しわ・たるみ<が気になる箇所にラジオ波(高周波)を照射する治療です。

真皮内のコラーゲンが高周波の熱によって収縮し、垂れ下がった脂肪が縮小することで、肌の張りや引締め効果が得られます。

コラーゲンが活性化することで毛穴も目立ちにくくなり、肌に張りがでます。

治療機器で、気軽に顔のしわ・たるみをなくしたい・改善したい方におすすめの施術です。

「向いている人」と「向いていない人」について

向いている人

  • 皮膚が薄く、脂肪によるたるみが目立つ方。
  • ダウンタイムが取れないが、たるみが気になる方。
  • 皮膚を切り取るという手術に対して不安が大きい方。

向いていない人

  • 金の糸や金属プレート・ペースメーカー等の貴金属が体内に埋め込まれている方。(高周波は金属に反応し熱を集めてしまい、その部分のやけどや、機械を故障させるおそれがある。)
  • ステロイド剤を長期投与中の方。
  • 重度の心疾患がある方。
  • 糖尿病などで傷の治りが悪い方。(やけどを起こす可能性があり、また治りにくいため。)
  • 重度の心疾患がある方。
  • 妊娠中の方。(高周波は胎児のへの影響が否定できないため)

「利点」と「欠点」について

利点

  • ダウンタイムがない。
  • 脂肪層が縮み、小顔効果が得られる。
  • コラーゲンが活性化し、肌にハリが出る。

欠点

  • 皮膚そのものを縮めることが出来ないため、皮膚の余りを改善出来ない。(フェイスライン、とくにマリオネットラインが目立つ場合人は皮膚の余剰が多く、しかし、真皮層は縮めても表皮の面積自体は改善しないため、フェイスリフト程の効果は得られない。)

ラジオ波(高周波)たるみ・リフトアップ治療の施術方法

  1. 希望時麻酔をする
  2. 高周波を照射する

施術内容の詳細

施術時間約60~90分
ダウンタイムなし
術後の通院なし

ダウンタイム詳細

傷の赤み施術当日は少し赤みがある
腫れ特になし
洗顔当日から可能
化粧当日から可能
シャワー当日から可能
入浴当日から可能
運動当日から可能
その他
上記は一般的な経過であり、個人差があります。

料金

ラジオ波(高周波)たるみ・リフトアップ治療(200ショット)¥80,000

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③麻酔クリームご希望の方は別途麻酔代がかかります。
  • ④施行後の状態により別途薬代がかかる場合があります。

しわ・たるみの施術に関するよくある質問

顔全体のたるみが気になります。手術せずに改善する方法はありますか?

サーマクール(ラジオ派(高周波)たるみ治療)といったラジオ波(RF)を使用する方法があります。

これは脂肪の多いたるみに効果的です。

肌自体に傷ができないので、施術後通常の生活が可能です。

目元のちりめんじわが気になります。改善する方法はありますか?

bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)メソセラピーやピクセル(フラクショナルレーザー治療)があります。

bFGFメソセラピーは、bFGFを注入することにより、線維芽細胞増殖を促します。

ピクセル(フラクショナルレーザー治療)はレーザー照射し、皮膚に細かい穴をあけることで傷の修復を促進し、コラーゲンを増やします。

両者ともに、目元のちりめんじわに効果があります。

仕事の都合でダウンタイムがあるものが出来ません。他に方法はありますか?

サーマクールは基本ダウンタイムがありません。

しかし、脂肪のボリュームが多く、たるんでいる人には効果がありますが、 脂肪が少なく皮膚だけのたるみには効果が出ません。

また、金の糸や金属プレートが入っている方など身体に影響が出る恐れがある方はお断りさせていただく場合もあります。

人気ブログ

しわ・たるみの施術に関する他の施術メニュー