炭酸ガス(CO2)レーザー治療

水に対して吸収されるレーザーで、エネルギーはほぼ皮膚表面で吸収され、周辺組織への影響を少なく抑えつつ、照射部位の細胞内水分を一気に気化・蒸散させ細胞を破壊するため、角質の肥厚治療などに使われています。

またエネルギー密度が低い場合は蛋白凝固や熱変性により、照射部位の止血を行うこともできます。

ほくろやいぼ、タトゥーを除去したい・取りたい方におすすめの施術です。

「向いている人」と「向いていない人」について

向いている人
  • 脂漏性角化症や脂腺増殖症等といった隆起したものを平らにしたい人
  • ほくろのように細胞自体を取らないと無くならないものを取りたい人
  • アートメイクや刺青等で、色素レーザーで反応が鈍い場合

向いていない人
  • ケロイド体質の人

「利点」と「欠点」について

利点
  • 隆起しているほくろ、脂漏性角化症や老人性脂腺増殖症・汗管腫などを取る事が出来る
  • 刺青が入っている皮膚を削ることで色素を減らす事が出来る

欠点
  • 刺青が入っている皮膚を削ることで色素を減らす事が出来る

(場合によっては軽度の凹みが残ることもある。)

  • 場所や体質によって傷がケロイド状になることがある

(深めに削ってしまうと、特に胸・肩・上腕・膝など、ケロイドの好発部位はケロイド状になってしまうことがある。またケロイド体質の人も同様。)

  • 症状によっては治療回数が数回かかる

(一回で治療をしようとすると、ほくろの原因である母斑細胞や刺青が深くまである場合、深く削ってしまうと凹みが治らなかったり、場所や体質によってはケロイド状になったりすることがある。)

炭酸ガスレーザー(CO2)治療の施術方法

  • 1. 消毒し、麻酔の注射をする
  • 2. レーザーを照射する
  • 3. 軟膏とテープで保護する

施術内容の詳細

手術時間約10分
手術時間顔は7日前後
身体は14日前後
術後の通院10~14日後
身体は14日前後
ダウンタイム詳細
傷の赤み凹みや赤みが3ヶ月
腫れ照射直後から1~2日程度照射部位がヒリつく
洗顔当日から可能(テープの上から)
化粧当日から可能(テープの上から)
シャワー当日から可能(テープの上から)
入浴当日から可能(テープの上から)
運動当日から可能
その他顔の場合7日、身体の場合14日軟膏とテープで保護し、その後日中は日焼け予防を最低3ヶ月は使用する

※上記は一般的な経過であり、個人差があります

料金

ほくろ治療 (1ヶ所)¥5,000
※別途麻酔代¥200かかります。※別途薬代¥1,550かかります。 
タトゥー除去範囲により要相談

*予めご了承下さい。
①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
②別途診察料がかかります。
③施術・手術後、患者様の状態により薬の内容が変更する事があり、それに伴い別途かかる薬の料金も変わる事もございます。

ほくろ治療に関するよくある質問

保険はききますか?

ほくろの治療は保険治療が適応になる場合があります。

術後の経過はどのようになりますか?

レーザーの場合、7日間軟膏を塗布し、茶色のテープで保護していただきます。その後約2週間、軟膏のみ継続して使用していただきます。

切除の場合、術後1週間で抜糸になります。抜糸までは患部を濡らせません。また、傷の赤みは6ヶ月位続き、その後赤みは消えていきます。

人気ブログ

しみ・色ムラ・そばかす・あざ等の施術に関する他の施術メニュー