TOP > 施術メニュー一覧 > シミの治療・施術 > 日焼け止めの正しい使い方について

日焼け止めの正しい使い方について

日焼け止めを手に取ると SPF20、PA+などの表示があると思います。
これは、SPF(Sun protection factor)とPA(Protection grade of UV-A)の略語となります。

それぞれの略語の意味

SPF(Sun protection factor)

 

UVBから肌を守る。UVBは皮膚癌や肌の赤みを引き起こします。

PA(Protection grade of UV-A)

 

UVAから肌を守る。UVAはシミだけでなく、シワやたるみの原因にも。

また、UVAは波長が長く、雲や窓ガラスを通過して肌に届くため、日常生活で知らず知らずのうちに浴びてしまいます。皮膚の深部まで届き、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力の成分をこわしてしまうので、シワ、たるみの原因にもなります。

SPFは30を超えると防御率はそれほど効果が高くなるわけでないので、高い値を進んで選ぶより、頻回に塗り直すことが大切です。
SPFは高いとその分肌荒れも起こしやすいのでその点も注意してください。
SPF50を塗っていたのにやけてしまった。と感じた方も少なからずいらっしゃると思いますが、それは塗る回数の問題かと思います。
また、塗り方も顔はしっかり塗る方は多いと思いますが、首、耳、手の甲も忘れずに。

簡単な目安となる指標

  • 日常生活
    20 +~++
  • 外出、屋外での活動
    30-40 +++
  • 日差しの強い中での活動
    50 ++++

日焼け止めを塗る量

手のひらに1円硬貨大をとり、おでこ、両ほほ、はな、顎の5箇所におく。
なじませる。
もう一度同量をとり、重ね付けする。

かなりたっぷりの量になると思います。普段の使用している量と比べてみてください。
肌の弱い方は、紫外線吸収剤無配合のものを使用してください。