TOP > 施術メニュー一覧 > わきが・多汗症の治療・施術 > 腋臭症手術(ロータリーシェービング法)

腋臭症手術 (ロータリーシェービング法)

効果が高く、傷跡・手術跡が目立たない方法

わき毛の生えている部分に、通常3ヶ所の小さく切開し、ロータリー式の刃が吸引管の中についた細いつつを挿入し、吸引しながら汗腺をカットする方法です。

わきの臭いが気になる方におすすめ施術です。

施術詳細

吸引法と同じ手法を用いた手術ですが、使用する機器が異なります。ストライカー社が関節の軟骨を削る器械を改良して関発したワキガ専用の機器で、コンピュータ制御されたロータリー式の歯が吸引管の中についているものを使います。


陰圧で吸引口に吸い取られた汗腺をロータリー刃がカットして吸引するという仕組みで、効果の高い新しい方法として注目されており、最近選択されることの多い手術でもあります。傷跡・手術跡は吸引法と変わりませんが、吸引法よりもしっかりと汗腺を吸引できるところが特徴です。


手術直後は10~20%までの減量、長期的には20~30%程度までの減量が見込め、吸引法よりもやや高い効果が得られます。

施術内容の詳細

手術時間1時間
抜糸7日
術後の通院週に2~3回

料金

腋臭症手術 (ロータリーシェービング法)¥200,000
※ 静脈麻酔希望の方は別途¥10,000かかります。
※ 薬代込み

*予めご了承下さい。

  • ①料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  • ②別途診察代がかかります。
  • ③手術において、静脈麻酔代・薬代除くと記載がないものに関しては、基本料金に込みの価格です。通常の静脈麻酔では効きが悪い方は¥50,000の麻酔を追加する場合があります。
  • ④案内以外の施術も診察次第でご提案させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

わきが・多汗症施術に関するよくある質問

傷痕は残りますか?

はい。手術方法や汗腺の発達範囲によっても異なりますが、目安としてロータリ―シェービングの場合は1~2㎝の傷が、反転法の場合は3~4㎝の傷が、片側に3ヶ所は出来ます。

時間の経過とともに傷痕の赤みはなくなりますが、無くなることはありません。

施術後の留意点を教えてください。

術後7日間は、重い荷物は持たない、腕を肩の高さより上げないなど、創部の安静を保ち、腋窩の皮膚がずれないように注意して下さい。

汗染みが出来てしまいます。良い方法は?

手術で汗腺を取り除く方法があり、効果は半永久的に持続します。

また、わきの下にボトックス注射をし、汗を分泌させる神経の動きを遮断する方法もあります。

症状によってはどちらの治療も保険が適応になる場合があります。詳しくはカウンセリングにて、医師とご相談ください。